学生でもお金が必要になるのでプロミスでお金を借りようと考えるはずです。

学生であれば誰でもプロミスで借りられるとは限らず、いくつかの条件をクリアしなければプロミスの審査を通るのは難しいです。

年齢が若い時にプロミスを申し込むのは抵抗があるかもしれませんが、学生でも安心してプロミスが申し込めるように詳しく解説していきます。

学生がプロミスを申し込むための条件

プロミスの貸付条件は「満20歳上69歳以下で本人に安定した収入がある人」になります。

この条件を学生に当てはめて考えれば大丈夫です。

満20歳以上の学生であれば申込できる

プロミスは成人である満20歳以上であれば申込を開始できる年齢なので、学生でも満20歳を超えていれば貸付条件対象になります。

しかし「18歳や19歳」の未成年の学生もいますが、同じ学生であっても年齢が満20歳に届いていないと貸付条件に当てはまらないので申し込みはできません。

もし、満20歳に届いていない学生であれば、18歳から申し込めるクレジットカードを検討した方が良いかもしれません。

安定した収入は「バイト収入」で良い

学生がアルバイト収入でも「安定した収入」と判断されるか心配に思うはず。

一般的な企業で正社員で働くことが安定した収入と思いがちですが、アルバイトでも十分安定した収入です。

プロミスの貸付条件にも「主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です」と書かれています。

アルバイトで良ければ親からの毎月の仕送りも安定した収入と思うかもしれませんが、本人が働いてもらえる収入が安定した収入なので、プロミスでは親からの仕送りは認められません。

安定したアルバイト収入は最低2ヶ月間は必要

「先月から新しいバイト先で働き始めたけど、今月はプロミスからお金を借りたい」と思う学生もいるかもしれませんが、今のバイト先を働き始めてから1ヶ月程度では安定した収入と判断されにくいです。

プロミスから収入証明書の提出が求められた場合、「直近2ヶ月分の給与明細書」の提出が必要になります。

最低2ヶ月以上の勤続年数が無ければ安定した収入とならないので、今のバイトを始めてからすぐに申し込んでも審査に落とされます。

勤続年数はなるべく長い方が審査に有利に働くので、半年以上の勤続年数はあった方が良いでしょう。

学生がプロミスの審査に通る条件とは?

学生で年齢が20歳以上で安定した収入があれば申し込めますが、審査に通るとは限りません。学生でも審査に通るための条件を満たしていなければ、実際にプロミスからお金は借りれません。

次に挙げるリストを意識しながら申し込むようにしましょう。

審査に通るための条件
  • 過去の支払いの延滞がない
  • 他社の借入が少ない
  • 学生証以外の本人確認書類がある
  • 希望限度額が高すぎない
  • 在籍確認が取れる

過去にクレジットカードなどの支払いが延滞していない

満18歳から持てるクレジットカードですが、過去に分割払いの支払いで長期間の延滞をしてしまうと、信用情報にキズが付く「異動情報」が記録されてしまいます。

よく言われる「ブラックリスト入り」の状態なので、プロミスの審査は通らないです。

クレジットカードの支払い以外にも長期延滞になるのは下の内容になります。

学生が長期延滞しやすいもの
  • スマホ本体代の分割払い
  • 運転免許合宿の費用
  • エステ費用

上のリストは「割賦かっぷ契約」といわれる毎月分割払いで支払う契約がほとんどで、割賦契約は信用情報に記録される内容になります。

スマホ本体代は、高性能スマホになると10万円を軽く超える機種も多く、学生であれば今流行りの高性能なiPhoneやandroidスマホが欲しい人も多いはず。

エステや運転免許証の取得のための合宿になると、20万円や30万円を超えてきます。

長期延滞は61日以上か3ヶ月以上の支払いの遅れで、もし長期延滞になってしまうと信用情報機関に5年間は記録されたままになります。

数日でも延滞があれば必ず連絡が来ているはずですので、長期延滞にならないように支払うようにしなければプロミスの審査は通りません。

他社の借入額や件数が少ない

プロミスを申し込む前に他の消費者金融を契約している学生も稀にいますが、他社の借入額や借入件数が多いとプロミスの審査には通りにくいので、借入額と借入件数は少ない方が良いです。

他社借入金額の目安は、貸金業法の「総量規制」が目安になるので年収の3分の1までの借入額になります。

他社の借入件数は「プロミスの審査は厳しいの?審査に落ちる人の理由には特徴がある」のページでも解説していますが、4件以上になると多重債務者として判断されやすいので、3件以上の借入先がすでにあるとプロミスの審査は落ちやすいです。

さらに付け加えると、学生は社会的信用がまだまだ低い状態なので、一般的な審査基準よりは厳しく審査されやすいです。

他社の借入額は年収の4分の1や5分の1までで、借入先は2件ぐらいまでに抑えていた方が良いです。

学生証以外の本人確認書類を提出する

プロミスを申し込む時は本人確認書類が必要ですが、学生証は公的書類では無いので顔写真があってもプロミスでは本人確認書類として認められません。

学生証を提出してしまうと、申込不備になり再提出が必要になります。

満18歳以上から取得できる運転免許証が本人確認書類として1番認められやすいですが、パスポートでも代用できます。

あと健康保険証も本人確認書類ですが、住民票などの別の本人確認書類と併せて提出する必要があるので、市役所などので発行するようにしましょう。

希望限度額を少なくする

大きな金額を借りてパッと使いたい気持ちは分かりますが、学生の場合はあまり大きな限度額を希望してしまうと、プロミスの審査は通りにくいです。

上の項目でも解説したように学生の社会的信頼度が低いので、希望限度額は抑えた方が審査に通りやすくなります。

年収3分の1までしか借り入れ出来ない総量規制よりも希望限度額は抑えた方が良くて、年収の5分の1~10分の1ぐらいが目安になります。

例えば年収50万円の学生であれば、希望限度額は5万円~10万円ぐらいになります。

在籍確認が取れる

プロミスの審査の最終段階には、勤務先への在籍確認が必ず行われます。アルバイトであろうとバイト先へ電話連絡があります。

在籍確認で勤務していることが証明できなければ、プロミスの審査に落ちてしまうので、学生である申込者本人が出るか電話対応の担当者に「電話連絡がある」と伝えておく方が、在籍確認がとりやすくなります。

バイト先への在籍確認がプロミスだとバレないの?

バイト先への電話連絡は必ず行われるので、バイト先の誰かがプロミス担当者と直接会話することになるので、プロミスを申し込んだことがバイト先にバレないか学生であれば誰でも心配するはずです。

しかし、在籍確認をされたからバイト先にプロミスを申し込んだことがバレることはまずありません。

プロミス担当者はプロミスの名前を出さず個人名で電話連絡します。申込者本人の名前を出して在籍しているか確認するだけです。

もしバイト先の誰かが「〇〇(申込者本人)はいますが、どちらさまですか?」と電話対応した時でも、プロミス担当者は「個人的な内容ですのでまた直接連絡させていただきます」などの対応で切り抜けてくれます。

バイト先の同僚に少しぐらいは「誰かから電話があったけど」と尋ねられることはあると思いますが、バレることはありません。

家族にバレない?プロミスの上手に利用する方法

バイト先だけでなく、家族にプロミスを利用していることをバレないか心配かもしれませんが、申込方法やプロミスを利用する時に注意すれば家族にはバレません。

家族にバレにくくする方法
  • カードの受け取りを無しにするか自動契約機にする
  • WEB明細を利用する
  • ATMの利用明細書は残さない

カードの郵送はWEB完結や自動契約機で受け取るようにする

プロミスを契約すれば自宅へカードと契約書類が郵送されるので、万が一家族が先に封筒を開けてしまうと、プロミスを利用することがバレてしまいます。

カードの郵送を止めれば家族へバレる心配はありませんが、次の2つの方法で郵送をされる心配がありません。

カードの郵送を止める方法
  • 「WEB完結」で契約する
  • 自動契約機でカードを受け取る

WEB完結はカード発行自体をなしにする「カードレス」の契約方法ですので、自宅への郵送物が無くなります。

スマホやパソコンからネット申込を始めて、「WEB契約」「口座振替による返済」「カード郵送希望なしと選んでいけばWEB完結が成立します。

契約内容は会員ページから確認できるので安心です。

あとカードは利用したいと思う人は、自動契約機でカード受け取りをすれば自宅へ郵送されることはありません。

WEB明細を利用して利用明細書を自宅へ送らせない

プロミスで振込キャッシングや提携ATMを利用した場合、必ず利用明細書が自宅へと送られてきます。

「提携ATMでも利用明細書が発行されるのに、自宅へも明細書が送られるの?」と思うかもしれませんが、法律上決められたすべての項目が記入できないので、後から正式な利用明細書が送られるからです。

しかし、利用明細書が自宅へ送られると家族にバレてしまう心配があれば、プロミスの「WEB明細」を利用すれば安心です。

本来自宅へ送られる利用明細書を会員ページの中で確認できるようにするので、自宅へ郵送されることはありません。

WEB明細とメアド登録をすれば無利息サービスも利用できるので、必ずWEB明細の登録は忘れない用意してください。

ATMの利用明細書は残さず捨てる

プロミスATMや提携ATMを利用すれば必ず利用明細書が発行されます。そのまま財布に明細書を残したままにしていると、不意に財布を整理したときに落としてしまいバレる可能性はあります。

財布に残しておくのは危険で、家のごみ箱ではなくその場で捨てるようにした方が良いです。

あと、プロミスカードを財布の中に入れておくのも危険かもしれません。なるべく利用する時だけカードを財布に入れるようにした方がバレにくいです。

最近はプロミスカードが無くても、プロミスアプリとセブン銀行かATMを利用して現金を引き出せる「スマホATM取引」があります。

なるべく手元に残るような明細書やカードは見せないようにしなければいけません。

返済の遅れがあると家族にバレるので注意

学生でバイト収入が少なくて返済できないケースも出てくるかもしれませんが、プロミスへの返済が2日程度遅れると返済意志の確認の電話連絡があります。

電話連絡は登録した携帯番号にまずはかかってきますが、携帯番号に連絡がつかないと自宅の固定電話に連絡がくるので、家族が出てしまうとバレる可能性があります。

固定電話でも連絡が取れないと「督促状」が郵送で届くので、家族が見てしまう場合がほとんどになり、家族にバレる可能性はかなり高くなります。

家族にバレたくないと思う学生は、必ず返済が遅れないように返済し続けるようにしてください。

プロミスは学生でもバレにくく借りやすいカードローン

学生が申し込みやすいネット申込から申し込めば、カードが郵送されないWEB完結は特におすすめで、バイト先や家族にもバレにくいのがプロミスです。

プロミスの審査に通るのは難しいかもしれませんが、バイト収入が毎月ある学生であれば十分申し込む価値はあるので、数万円の少額融資が希望の学生であればプロミスを申し込んでみましょう。

≫プロミスの即日融資は何時まで?≪