年末年始は金融機関が休みになってしまうけど、プロミスでお金を借りられるか心配に思う人も多いはず。

プロミスは24時間365日申込できる消費者金融ですが、年末年始でもお金を借りられるのでしょうか?

プロミスの年末年始の申し込みは出来ても、借り入れは出来るのか詳しい解説をしていきます。

年末年始に申込できるプロミスの営業日

プロミスを初めて申込する人は年末年始の営業日が気になりますね?次の4つの申込方法の営業日と営業時間を表にまとめました。

年末年始の営業日
申込方法営業日と時間
ネット申込24時間
自動契約機
  • 1月1日は休業、
  • 12月31日の営業時間「9時~18時」
店頭窓口12月29日~翌年1月3日まで休業
電話
  • 1月1日は休業、
  • 12月31日の営業時間「9時~18時」

プロミスのネット申込は普段と変わらず、年末年始でも24時間申し込めます。

自動契約機と電話申込は通常は土日祝日でも「9時~22時」が営業時間になっていますが、1月1日は休業となり、12月31日は営業時間が短縮されています。

店頭窓口は年末年始に限らず土日祝日は休業となっているので、年末年始の休業期間は長いのでネット申込などをされる方がおすすめです。

年末年始は審査回答の時間は注意しよう

プロミスのネット申込が24時間受け付けていますが、審査回答も年末年始関係なく行われているとは限りません。

年末年始の審査回答時間
  • 12月31日は9時~18時
  • 1月1日の審査回答は休業

12月30日までは通常通り「9時~21時」の間で審査回答されますが、12月31日は営業時間も短縮されているので、審査回答の時間も18時までと早く終わります。

1月1日はネット申込は出来ますが、審査回答は行われません。

12月31日18時以降から1月2日9時までの間は審査回答されないので、即日融資を受けたい人は12月30日までに契約完了するようにしておきましょう。

年末年始にプロミスから借り入れ出来るのか?

新規でプロミスを契約した人に限らず、すでにプロミスを契約済みの人も年末年始に借り入れ出来るのか気になりますね。

プロミスの借り方は「ATM」と「振込キャッシング」の2通りありますが、どちらも年末年始に借り入れ出来るのか営業日を見てみましょう。

プロミスATMと提携ATMの営業日

プロミスカードを利用してATMで借りる方法はプロミスATMと提携ATMがあり、それぞれで年末年始の営業日が異なります。

年末年始のATM営業日
  • プロミスATM:1月1日は休業
  • 提携ATM:通常営業

プロミスATMの通常営業は「7時~24時」で土日祝日も営業しています。

年末年始もプロミスATMは営業していますが、1月1日だけは休業となっているので自動契約機に併設されたATMへ行っても利用できないので注意してください。

コンビニや銀行などの提携ATMは、年末年始でも通常通り稼働していますが、設置場所によっては営業していない場合もあるので注意が必要です。

コンビニATMであれば使い勝手もよく、元日から利用可能な店舗が大半なので安心です。

振込キャッシングできる営業日

プロミスの振込キャッシングは、銀行営業時間内でないと振込出来ない「通常振込」と24時間で瞬時に振込出来る「瞬フリ」があります。

年末年始で「通常振込」か「瞬フリ」のどちらで振込キャッシングを利用するかによって、借り入れ出来る営業日が違います。

振込できる営業日
  • 瞬フリ:1月1日だけ振込休止
  • 通常振込:12月31日~1月3日まで振込休止

プロミスでは約200の金融機関で瞬フリで振込キャッシングが出来るので、1月1日を除けば年末年始でも振込キャッシングで借り入れ出来ます。

瞬フリできない金融機関の口座に振込する場合は、銀行が休みになる「12月31日~1月3日」は振込業務が休止されるので借り入れが出来ません。

もし12月29日と30日が土曜日と日曜日で重なってしまうと、約1週間近くは通常振込で借り入れ出来ないので、その場合はATMで借りるようにしましょう。

年末年始のプロミスの返済はどうするの?

年末年始は物入りになるのでお金が必要ですが、以前に借り入れされたお金は年末でも返済しなければいけません。

プロミスの返済日は「5日、15日、25日、末日」の4つから選びますが、末日を選択されている人は年末最後の返済日はどうすれば良いのか迷ってしまいます。

末日返済にしている人の12月31日の返済日は「翌営業日」の返済になり、1月1日は休業日になるので2日以降が12月分の返済日になります。

返済はATM返済でもネット返済のどちらでも出来るので、都合のいい返済方法で返せば大丈夫です。

12月中の借り入れでも12月末日の返済日になる

返済日をあらかじめ末日に選択された人で、12月14日までも借り入れされた場合は、同じ月の12月31日が初回返済日になります。

年末年始の準備を早めに始める人は早く借りると思いますが、12月15日以降に借り入れすれば初回返済日は1月31日になるので、返済金額の準備がしやすくなります。

年末年始にプロミスのサービスが休止するので注意

ここまではプロミスの年末年始の借入や返済を解説しましたが、年末年始に休業してしまうサービスは他にもあります。

年末年始に休業してしまうサービス
  • オペレーター対応:1月1日休業、12月31日・1月2日~3日時間短縮
  • 自動音声:1月1日休業、12月31日・1月2日時間短縮

電話で色々相談したいこともあると思いますが、年末年始は電話対応が休業したり時間短縮になるので、早めに聞くようにしましょう。

あと、カード紛失したときの対応は年末年始でも24時間受け付けているので、カードを失くしたときは急いですぐに電話するのが1番良いです。

プロミスの即日融資は何時まで出来る?