「これから申し込むプロミスの金利を下げたい」

「契約済みのプロミスを金利は引き下げられないの?」

上のようにプロミスの金利は高いからという認識を持っている人も多く、申込を躊躇してしまうことも。

でも本当にプロミスの金利は高いのでしょうか?プロミスの金利を引き下げが出来れば利用しやすいはず。

では、プロミスの金利は他の消費者金融と比べて高いのか、金利は下げることが可能なのか詳しく紹介します。

プロミスの金利「年17.8%」は高いのか?低いのか?

プロミスの金利は「年4.5%~17.8%」ですが、カードローンを初めて契約する時の金利は上限金利になるのが一般的なので、プロミスで初回契約する金利は年17.8%と考えた方が良いです。

私もプロミスを契約したときは上限金利の年17.8%でした。

ではプロミスの上限金利が消費者金融の中でも高いのか低いのか比較してみましょう。

消費者金融の金利比較
消費者金融金利
プロミス年4.5%~17.8%
アコム年3.0%~18.0%
アイフル年3.0%~18.0%
SMBCモビット年3.0%~18.0%
レイクALSA年4.5%~18.0%

上の消費者金融の金利比較表を見ると、金利左側の低い表示は「下限金利」でプロミスは他よりも高い金利になっています。

しかし、初回契約時の金利は上限金利になると解説したように、上限金利を見るとプロミスだけが年17.8%でわずか年0.2%だけ低くなっているのが分かります。

わずか年0.2%の違いだけですが、50万円を30日間借りたときの利息は「822円」少なくなります。

利息もわずかしか変わりませんが、毎月利息が少なくなると最終的な利息総額は大きな違いになります。

ですので、プロミスは消費者金融の中で金利が低いカードローンだという証明になります。

銀行カードローンと比べると金利は高い

カードローンは消費者金融だけでなく銀行カードローンもありますが、プロミスの金利を銀行カードローンの金利と比べると高い金利なのは間違いありません。

銀行カードローンの金利
銀行カードローン金利
三菱UFJ銀行年1.8%~14.6%
三井住友銀行年4.0%~14.5%
みずほ銀行年2.0%~14.0%

日本の3大メガバンクカードローンの金利を見ると上限金利でも年14%台で、プロミスの上限金利より年3%以上低いことが分かります。

「だとしたら、銀行カードローンを申し込めば良いの?」

という考えも出てきますが、銀行カードローンの審査は非常に厳しい。

審査成約率で考えると、プロミスは約45%前後の成約率がありますが、銀行カードローンは約10%~20%ほど

成約率だけで審査基準が厳しいと判断するのは間違いですが、事実、銀行カードローンの審査は通りにくいと考えても良いといえます。

プロミスの金利を下げる方法を考えた方が良いかもしれません。

プロミスの金利を下げる方法

プロミスの金利を少しでも引き下げられれば、さらにお得に利用できるカードローンになるので、プロミスで金利を下げる方法を3つ解説します。

金利を下げる3つの方法
  • 増額申請を行う
  • 金利引き下げ交渉を行う
  • 申込時の希望限度額を100万円以上にする

3つの方法以外にも、私が体験したプロミスからの金利交渉のお話も合わせて書いておきます。

増額申請を行う

プロミスと契約した限度額が足りず限度額を増額したい場合は、プロミス会員ページの中から「ご利用可能額の増枠申込み」から増額申請を出すことが出来ます。

なぜ増額申請がプロミスの金利を引き下げることに繋がるかと言うと、利息制限法が関係するからです。

利息制限法
  • 借入元金10万円未満:上限金利は年20%まで
  • 借入元金10万円~100万円未満:上限金利は年18%まで
  • 借入元金100万円以上:上限金利は年15%まで

プロミスの上限金利「年17.8%」なのは利息制限法に定められている範囲内にするためですが、限度額が100万円以上に増額出来れば「年15%以内」の金利に引き下げられる法律でもあります。

しかし、増額申請をすれば誰でも増額できるとは限らず、プロミス側が増額しても良いと思われるような契約者でないと増額出来ません。いわゆる「優良顧客」ということです。

優良顧客になるには、プロミスを最低でも半年以上の利用実績があり、返済を一度も遅れたことがないというのが条件です。

限度額の増額には審査があり収入証明書が必要になる

増額申請を出してプロミスが受理をすれば増額されるのではなく、本当に増額しても大丈夫なのかプロミスが審査を行います。

利用実績もあり返済も一度も遅れたことがないのに増額の審査で落とされることもあります。増額審査で落ちる理由としては返済能力が上がっていない場合です。

「年収が増えた」「雇用属性が正社員に昇格した」「ローン返済完了など自由に使えるお金が増えた」

返済能力が増える理由は様々ですが、返済能力が契約当初と同じ程度ではなかなか審査には通りにくいでしょう。

あと、返済能力が上がったことを証明するために「収入証明書」の提出が必要になるケースが多いです。

さらに、総量規制対象のプロミスでは希望限度額が50万円を超えれば収入証明書は必ず提出することになっているので、限度額100万円は絶対に必要なので用意しておきましょう。

金利引き下げ交渉を行う

限度額を多く希望はしなけど金利だけを下げてほしいと思う契約者がほとんどだと思います。

金利の引き下げだけ申し込むのは会員ページから出来ないので、「プロミスコール」「店頭窓口」で金利交渉を行います。

金利引き下げ交渉も増額申請と同様に「優良顧客」で無ければ出来ません。

特に、増額もしないで金利だけを下げるのは、プロミス側としては利益が減るデメリットもあり交渉が上手く進まないことも多いです。

契約者が元々から利用頻度が高く金利を下げて、より使ってもらえるようなメリットがある人ならば、プロミスの審査担当者も交渉に応じるケースがあります。

金利交渉時に不利なことは言わない

金利を下げるときにプロミスの審査担当者に情に訴えたい気持ちも分かりますが、「返済に困っているから金利を下げてほしい」などとマイナスな印象を与えると、確実に審査には通らないはずです。

なるべく印象をよくるには低姿勢な口調で交渉をするのがおすすめと言えます。

申込時に希望限度額を100万円以上にする

金利を下げる最も難しい方法ですが、プロミスを初めて申し込む時に希望限度額を100万円以上にすることです。

項目最初の出てきました利息制限法は初回契約時でも変わらないので、100万円以上で契約すれば年15%以下で契約出来ます。

しかし、難しいのはプロミスと初めから100万円以上で契約するのは、非常に稀なケースです。私が契約したのも限度額50万円です。

限度額100万円は最低でも年収300万円以上必要になる

なかなか50万円を超える限度額を契約するのは難しいですが、もし限度額100万円を契約したいと思っても最低でも300万円以上の年収が無ければ契約出来ません。

プロミスが総量規制が対象であると解説しましたが、総量規制は年収3分の1までしか貸付出来ない制度なので、貸付限度額の上限は決められています。

300万円以上あれば100万円を契約出来るわけではないですが、非常に返済能力が高いと判断されれば100万円の限度額でも契約出来る可能性は残されているでしょう。

私が体験したプロミス側からの金利交渉

私はプロミスを利用しており、これまでに50万円以上を借りてきて一度も返済が遅れたことがありません。

さらに、ほとんどが繰り上げ返済で数万円ずつや一気に20万円を超える一括返済などで完済したので、プロミス側に好印象を与えた可能性があります。

ゴールデンウィーク前ごろに、不意にプロミス側から電話連絡が携帯にあり出てみると、女性のオペレーターが「今後、プロミスを利用する機会はあるでしょうか?」と逆に問い合わせてきました。

その時は「ありません」と答えましたが、女性オペレーターは「今後利用する予定が出来ましたら、利用前に連絡していただけると、金利の引き下げを検討出来ます」と言われました。

限度額のことも多少言われましたが、金利の引き下げをプロミス側から言われたので、審査はあると思いますが、金利が下げられる可能性は非常に高いはずです。

プロミスの金利を下げなくても利息を減らせる方法がある

金利を引き下げる方法が少し難しいと解説しましたが、無理にプロミスの金利を下げなくても利息を減らせる方法はあります。

利息を減らす方法
  • 毎月の返済額を増やす
  • 無利息サービスを利用する

毎月の返済額を繰り上げ返済で増やせば利息総額が減る

プロミスは毎月の最低返済額が借入残高の増減によって決まる残高スライド元利定額返済方式を採用しています。

最低返済額を返済していけば完済も出来ますが、返済期間は非常に長くなります。繰り上げ返済をすれば返済期間も短くなり利息総額も少なくなります。

借入残高50万円ある場合の最低返済額と繰り上げ返済したときのシミュレーション結果を、下の表にまとまました。

最低返済額と繰り上げ返済の利息の比較
最低返済額で完済繰り上げ返済で完済
毎月の返済額13,000円20,000円
返済回数58回32回
利息総額246,160円129,392円


借入残高50万円の最低返済額は13,000円ですが2万円の繰り上げ返済を毎月すれば、返済回数は58回から32回に減り、支払う利息総額は約半分の13万円程度に減ります。

金利を下げなくても利息が減るカラクリは、繰り上げ返済した7,000円分すべてが借入元金の返済に充てられるので、借入残高の減り方が早くなるからです。

1,000円でも多く繰り上げ返済すれば利息は減るので、繰り上げ返済は本当におすすめです。

無利息サービスで30日間金利ゼロになる

プロミスは30日間の無利息サービスを行っている消費者金融なので、無利息期間中に完済すれば利息は発生しません。

もし無利息期間中に完済できなくても、期間中の利息はゼロなので支払う利息総額を減らせることに繋がります。

プロミスの無利息サービスの条件と内容
  • WEB明細を利用
  • メアド登録
  • 初回借入れ翌日から30日間

条件は簡単で「WEB明細」と「メアド登録」さえすれば、初回借入日翌日から30日間が無利息になります。

原則初回だけの借り入れに限られますが、プロミスポイントを250ポイント貯めると7日間の無利息サービスを再度受けられます。ポイントが増えれば無利息の期間も長くなります。

詳しくは「プロミスの無利息期間は金利ゼロになるのは本当?」のページで解説しています。

プロミスの金利引き下げは簡単ではないが利息は減らしやすい

プロミスと契約した金利を下げるのは繰り返し利用した利用実績が重要で、簡単に思い通りの金利にはなりません。

一筋縄で交渉できない金利の引き下げなので諦めてしまいそうですが、プロミスには無利息サービスもあり、繰り上げ返済も簡単に出来る利便性の高さがあります。

良い利用実績は良い信用情報にも繋がるので、金利の低いカードローンの審査も通りやすくもなります。

「プロミスを使い続けるか」「他の低金利のカードローンを探すか」はどちらも良い方法ですが、カードローンが増えると多重債務になってしまう可能性もあるので、プロミス1本で使い続けるのも良いと思います。

≫プロミスの即日融資は何時まで?≪