プロミスの初回限度額と増額する方法を解説

プロミスは即日融資ができる消費者金融だから選んだけど、実際に契約できた利用限度額が「思ったより少なかった」と感じている人も多いはず。

プロミスで契約できる最大の利用限度額は500万円で、他社の消費者金融と比較すると低い限度額と言えます。

消費者金融の利用限度額
消費者金融利用限度額(最大)
プロミス500万円
アコム800万円
アイフル800万円
SMBCモビット800万円
レイクALSA500万円

しかし、プロミスの最大限度額が低いから契約できる限度額も低くなるというのは違います

そこで、プロミスの限度額に関する疑問で多い

  • 初回で契約できる限度額はいくらまで借りれるの?
  • 契約した限度額を増額する方法とは?
  • 増額審査に通過するための条件はあるの?

などを分かりやすく解説していきます。

プロミスの利用限度額に不満を感じている人は、ぜひ最後までご覧になって参考にしてください。

プロミスの初回限度額の契約は50万円までが多い

プロミスを新規申込した時に、契約できる初回限度額は50万円までになる場合がほとんどです。

プロミスを契約している実際の利用限度額
私がプロミスを契約している実際の利用限度額は50万円。

プロミスの初回契約時に100万円を超える限度額になることは非常に難しく、ましてや最大限度額の500万円を契約できることは確実にあり得ません

これは、他社の消費者金融でも同じです。

プロミスの新規申込者に対する信用度は低くて「延滞することなく返済してくれるのか」という考えから融資を行います。

まずは、初回限度額は低く契約してから、その後に増額していくのが一般的な流れになっています。

利用限度額は審査によって決まる

プロミスで契約できる限度額は審査によって決まるので、申込者によって利用可能な限度額は違います。

初回限度額を一律10万円にすれば審査も早くなり即日融資しやすくなりますが、大きな限度額が契約できるはずの申込者の満足度下がり、プロミスの利益率も少なくなります。

なので、申込者の「返済能力」「信用情報」を調査して、いくらまで借りれるか審査で判断します。

しかし、プロミスの審査基準は公表されていないので、高額な限度額が契約できる条件は明確に分かりません。

ですので、プロミスの審査で重要視されている項目と高額融資になりやすい一般的な条件を次の表にまとめました。

利用限度額を審査で決める内容
項目大きな限度額になりやすい条件
収入収入が多い(300万円以上あると良い)
勤務先・雇用形態公務員や大企業の正社員
勤続年数長期間(複数年)働いている
他社借入金額と件数借入金額・件数ともに0に近い
返済実績返済の遅れが過去にない
金融事故の有無全くない

大きな限度額になる条件を多く満たしていれば初回限度額に契約できる金額が大きくなり、反対に満たす条件が少なければ小さな限度額になってしまいます。

プロミスの追加融資には増額審査は必要ない

プロミスの「追加融資の借入」「限度額増額の借入」を一緒だと思っている人が多いですが、全くの別のものです。

追加融資とは

通常のカードローン(キャッシング)で利用できるサービスで、契約している利用限度額に余裕がある場合に、限度額内を審査なしに借り入れできることです。

限度額増額の借入とは

契約している利用限度額の上限まで借り入れした場合に、限度額を上限を引き上げて借り入れできるお金を増やすことです。
増額するためには審査が必要になります。

追加融資は聞きなれない人もいますが、プロミスなどカードローンはフリーローンなどと違い、初めから限度額上限を一気に借り入れる必要がありません。

プロミスのカードローンを借り入れた後に利用限度額に余裕があれば追加融資が可能ですし、返済して余裕ができた限度額も再び追加融資できます。

なので、利用限度額上限まで借りてしまったプロミスでは追加融資はできないので注意してください。

追加融資については「プロミスで追加融資する方法!審査なしで借入できるケースと注意点を徹底解説」で解説しているので、参考にしてください。

プロミスの利用限度額を増額(引き上げ)する方法

プロミスを利用していく中で、どうしても限度額に不満になったり上限まで借り入れしてしまったら、利用限度額の増額を検討すると良いです。

プロミスの限度額を増額する方法は

  • WEB(インターネット)のプロミス会員ページ
  • 電話(プロミスコール)
  • 自動契約機
  • 店頭窓口

があり、最も手軽に増額申請しやすいのは「プロミス会員ページ」から申し込みすることです。

そこでWEB申込で増額申請する方法を詳しく解説していきます。

増額審査の流れ

プロミスの増額審査の流れは次の手順で進みます。

  1. プロミス会員ページにログインする

    プロミス会員ページのログインするための画面
    プロミス会員ページにログインするためには、「カード番号」と「暗証番号」が必要です。(Web-IDとパスワードでもログイン可能)
  2. ページ内にある「ご利用限度額の増額はこちら」をクリック
    プロミス会員ページ内にある増額申請するボタン
  3. 増額希望する限度額を申告する
  4. 収入証明書を提出する
  5. 増額審査開始
  6. 増額審査の結果連絡を受け取る

増額審査の結果は電話かメールで連絡があり、無事に審査通過であれば限度額の上限が増額されます。

増額された限度額はプロミス会員ページで確認できます。

増額審査の結果連絡までにかかる時間は「最短30分」

プロミスの増額審査の時間は「最短30分」

プロミスの増額審査にかかる時間は「最短30分」で、新規申込する場合と審査時間は同じです。

しかし、最も早い審査時間が30分というだけで、増額審査は時間が長くなりやすい傾向です。

増額審査の時間が長くなる理由は、限度額を引き上げるために高い返済能力が求められるからです。

プロミスの審査担当者も隅々まで返済能力を調査する必要があり、審査結果を出すのに慎重になります。

急いで借入したいと思ってプロミスの増額申請すると間に合わない場合もあるので、即日融資が可能な他社の消費者金融を新規申込した方が良いかもしれません。

【最短30分!?】プロミスの審査時間は長いのか?審査結果の連絡が遅いのを短縮させるコツを解説!

増額審査に必要な提出書類は「収入証明書」

プロミスの増額審査には収入証明書を1点提出する必要があります。

本人確認書類は新規申込時に確認しているので、増額審査の時には原則提出する必要はありません。

増額審査で提出が認められている収入証明書は

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
    ※賞与支給がある場合は直近1年分の賞与明細書も必要

です。

収入証明書の提出には下記の条件があります。

  • 増額する希望の限度額が50万円を超える
  • 増額する希望の限度額と他社の借入残高の合計が100万円を超える

しかし、上記の条件を満たさない場合でも、プロミスの審査担当者の判断によって収入証明書は提出を求める場合があるのは、事前に用意しておいてください。

増額審査で在籍確認は基本的に行わない

プロミスの増額審査する時に在籍確認はありません。

在籍確認は、申込者が申請した勤務先に働いているのか確認する作業なので、新規申込の本審査の段階で在籍確認が行われているので、再び勤務先に電話連絡する必要がないからです。

しかし、増額審査で在籍確認を行わないのは、初回契約時と勤務先が変わっていないことが前提で成り立っています。

なので、増額審査でも在籍確認を行う理由があり、

  • 初回契約時の勤務先が転職によって変わった
  • 収入(年収)がかなり減った

などがあります。

転職して勤務先が変わったことにより、初回契約時の在籍確認は無効となってしまうからです。

しかし、増額審査の在籍確認だからと言って特別な方法ではなく、基本的な電話による転職先へ在籍確認が行われます。

電話連絡でも転職先の同僚にバレる心配はないので安心してください。

プロミスの在籍確認なしは可能か?職場へ電話連絡があるタイミングと勤務先別の対応策を解説

土日祝日でも増額審査は行っているが注意が必要

プロミスは土日祝日の通常審査は行っており、増額申請の土日祝日の審査も行っています。

しかし、土日祝日の増額審査が可能な申込方法は「自動契約機」に限られています。

増額申請する方法別の審査時間を次の表にまとめました。

申込方法別の増額審査の時間
申込方法増額審査時間
自動契約機9:00~21:00 土日祝日の増額審査に対応
インターネット(会員ページ)平日9:00~18:00 土日祝日は増額申請のみ可能
電話(プロミスコール)平日9:00~18:00 土日祝日は増額申請のみ可能
店頭窓口(お客様サービスプラザ)平日10:00~18:00 土日祝日は増額の申請も審査も不可

WEB上で増額申請できる「プロミス会員ページ」「プロミスコール」は、土日祝日に増額申請は可能ですが増額審査は行われていないので、審査結果の連絡は翌営業日まで待つことになります。

お客様サービスプラザはそもそも土日祝日は休みなので、増額申請すらできません。

土日祝日に増額審査できる方法が限られているので、なるべく平日に増額申請するのがポイントです。

さらに、通常の審査時間である「9:00~21:00」よりも増額の審査時間は短い「平日9:00~18:00」なので、午前中の早い時間帯には増額申請するようにしましょう。

プロミスは土日祝日に審査してる?休みにキャッシングする方法と注意点を徹底解説!

プロミスの増額審査で限度額が引き下げられる可能性がある

プロミスの利用限度額の上限まで借りてしまったからと言って、簡単に増額申請するのは注意してください。

プロミスの増額審査で限度額が引き上げられるだけでなく、増額審査の結果によって限度額が引き下げられる可能性が十分あります。

プロミスの増額審査では新規申込時と同じように、

  • 他社借入件数や金額の状況
  • クレジットカードやキャッシングの返済状況
  • 長期延滞の有無
  • 過去の債務整理
  • 他社カードローンなどの申込履歴

など、信用情報機関に記録されている信用情報を調査します。

もし、プロミスの初回契約時の信用情報の調査よりも悪い状況になっている場合は、プロミスの利用限度額を引き下げてリスクを減らす可能性が高いです。

プロミスの増額審査に通過しやすい人の条件

プロミスの増額審査に通過する明確な条件は公表されていませんが、増額審査に通過しやすい条件に

  • 限度額増額の勧誘の電話があった
  • 総量規制上限まで余裕がある
  • 初回契約時より年収が増加した
  • 返済実勢が十分ある

などがあります。

プロミスから限度額増額の勧誘の電話があった

プロミスから優良顧客と判断された契約者には、限度額の増額申請を促す勧誘の電話連絡がかかってきます。

私自ら言うのもなんですが、これまで約100万円をプロミスで利用していますが、一度も返済を延滞することなく、30万円の一括返済などもしたおかげで増額申請の勧誘がありました。

プロミスから増額を勧誘する電話があったから確実に審査に通過するとは言えませんが、契約中の信用情報に問題が無く収入も下がっていない場合が審査に通る可能性は高いです。

プロミスは契約中に「途上与信」という毎月か3ヶ月に一度は審査を行っているので、増額勧誘の電話があれば信用情報に問題ないと判断されたはずです。

契約中の限度額が総量規制の上限まで余裕がある

このページ初めに「利用限度額は審査によって決まる」と書きましたが、プロミスの審査以外に予め総量規制によって契約可能が限度額の上限が決められています。

増額できる限度額の枠は総量規制によって上限が決まっている

総量規制は、年収の3分の1までしか貸付できない法律で、プロミスなどの消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)など貸金業者が対象です。

例えば、年収420万円ある人が貸金業者から融資が受けられる限度額の上限は「140万円」になります。しかし、審査によって利用限度額は低くなります。

もし、プロミスの新規申込で40万円の契約が可能になり、他社の貸金業者から50万円の借入がある場合、増額できる限度額の上限は「140万円ー(40万円+50万円)50万円」になります。

総量規制の上限まで余裕がないやギリギリの場合はプロミスの増額は難しいですが、上限にかなり余裕があると増額審査には通りやすいです。

初回契約時より年収が増加した

「勤続年数が長くなった」「昇格した」などの理由で、プロミスの初回契約時より年収が増えていると増額審査に通りやすくなります。

プロミスの増額審査では返済能力を隅々まで調査するので、年収が増えれば

  • 返済に回せるお金が増える
  • 総量規制の上限に余裕ができる

と判断されやすいです。

初回契約時より返済能力が高いとなれば貸し倒れリスクが低くなるので、プロミスの増額申請するのがおすすめです。

プロミスへ返済の延滞が一度もない

カードローンの返済で一度でも延滞してしまうことは、著しく信用を落としてしまう原因です。

なので、プロミスへの返済を一度も遅れることない契約者は信用が高く、増額申請をすると審査に通過しやすいです。

プロミスへの返済滞納している状況で限度額の増額はできず、最悪はプロミスの利用停止になる可能性が非常に高いです。

プロミスの増額審査に通りたいのであれば、一度も返済を延滞した経験が無い人に限ります。

プロミスの増額審査に落ちた時の対処法

プロミスの増額審査に落ちてしまうと焦る気持ちになってしまい、次の行動が悪い方向に進んでします。

焦る気持ちを抑えて、ここで解説する次の増額審査に向けての対処法を紹介します。

他社カードローンを安易に申し込まない

プロミスの増額審査に落ちると他社のカードローンをすぐに申し込んでしまいがち。特に、借り入れを急いでいる人は尚更です。

他のサイトで「増額審査に落ちたら他社カードローンを申し込もう」と案内している場合もありますが、私はおすすめしません。

増額審査と言っても信用情報に記録が残る申込なので、他社カードローンを新規申込した時にプロミスの審査を受けたことが分かります。

申込履歴の信用情報は「6か月間」は記録されたままなので、すぐにプロミス以外のカードローンを申し込むのは審査で落とされる可能性が高いです。

借り入れを急いでいない人であれば、6ヶ月は難しくても1ヶ月程度は期間を空けて他社カードローンを申し込みましょう。

すぐに借り入れをしたい場合は、消費者金融を選ぶのが良いです。

銀行カードローンは審査に時間がかかり審査そのものが厳しいので、増額審査を落ちた人にはおすすめしません。

新規申込から半年以上経ってから増額申請する

プロミスの増額審査に落ちた人の中で、新規申込の希望限度額よりも低い初回限度額に不満で、契約後すぐに増額申請した人はいませんか?

プロミス契約後間もない増額申請は確実に審査で落とされ、半年以内の増額審査は諦めた方が良いです。初回契約から半年以上経過してから増額審査を受けるようにしてください。

ここで注意したいのが、プロミスを一度も利用していないまま半年経過しても意味がありません。

プロミスから借入をして返済を行い、利用実績を半年以上続けた場合に増額審査に通りやすくなります。

どうしても半年の期間が待てないのであれば、前項目と同様に他社カードローンを検討すると良いです。

【まとめ】プロミスの初回限度額は少なめだが増額申請しやすい消費者金融

プロミスで100万円を超えるような初回限度額の契約は難しいですが、「希望限度額が50万円以下で即日融資で借りたい」と考えている人にはおすすめの消費者金融です。

初回契約時より年収が増えて十分な利用実績があり、返済を一度も遅れていない人とは増額を検討すると良いでしょう。

増額申請は「インターネット」「自動契約機」「電話」「店頭窓口」と多く、増額申請しやすい特徴があります。

プロミスは利便性の非常に高い消費者金融なので、他社カードローンを申し込むよりプロミスを長期的に利用した方がお得になると言えます。

≫プロミスの即日融資は何時まで≪