プロミス自動契約機の使い方と在籍確認の注意点

プロミスの申込方法は

  • インターネット(スマホ・PC)
  • 自動契約機
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 電話(プロミスコール)
  • 郵送

の5つで、上記の中で自動契約機は、来店しても担当者と会わずにその場でカード発行できるメリットがあり、契約手続きまでスムーズにできるのでおすすめです。

プロミスの自動契約機の設置場所は、郊外の大通り沿いや都市部の雑居ビルの中に多く、全国に約1,000台近くあるので「見た!」という人は多いはず。

プロミスの自動契約機は利便性が高いですが、

  • どう申し込めば良いか使い方が分からない!
  • 営業時間は何時まで?
  • 手続きに必要なものって何?

と感じている人はいませんか?

このページでは、上記の悩みを徹底的に解消するために分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

プロミス自動契約機の使い方

プロミスの自動契約機の使い方は

  1. 自動契約機の画面をタッチパネル操作によって必要事項を入力する
  2. 審査開始(審査中に画面に利用案内が流れる)
  3. 自動契約機にあるスキャナーで書類を読み取る
  4. 排出される契約書に署名してスキャナーで読み取る
  5. 自動契約機のカード排出口からプロミスカードが出てくる

となっています。

プロミスの自動契約機の操作方法は、銀行やコンビニにあるATMと同じタッチパネルなので、カードローンの申し込みもとても簡単です。

もし、操作方法や申込について分からない点があれば、自動契約機の横に設置された電話でオペレーターと相談できるので安心です。

プロミス自動契約機の手続きに必要なもの

プロミス自動契約機に来店する時に必要なものとは?
プロミス自動契約機に来店する時に忘れたはダメな必要なものがあります。

プロミス自動契約機に手ぶらで来店しても契約はできず、手続きする上で必要なものは

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

の2種類の書類です。

プロミスの自動契約機で提出できる書類は何でも良いわけではないので、それぞれの書類について詳しく解説します。

本人確認書類の種類

プロミス自動契約機で提出できる本人確認書類の種類
プロミスの手続きでは本人確認書類の提出は必ず必要なので忘れないでください。

プロミスの自動契約機で認めている本人確認書類は

  • 運転免許証
  • 健康保険証+1点(例えば住民票など)
  • パスポート(2020年2月3日以前に申請・発行された住所欄に現住所が記載されたもの)
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

の6点で、氏名・生年月日・現住所が確認できるいずれか1点を持参する必要があります。

健康保険証だけでは本人確認書類として不十分な書類なので、現住所が証明できる住民票などの追加書類が必要です。

上記の本人確認書類に記載された住所と、申込時の現住所が違う場合は次の書類も追加で提出します。

  • 公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

上記のいずれも発行日から6ヶ月以内の書類が認められているので、追加できる書類は事前に確認しておきましょう。

収入証明書の種類と提出する条件

プロミスの自動契約機で認めている収入証明書は

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2か月分)+賞与明細書(直近1年分)
    ※賞与支給が無い場合は直近2か月分の給与明細書のみを持参する

があり、すべて最新の書類である必要があります。

収入証明書を提出する機会は少ないので、どこに書類を保管しているか忘れてしまいそうですが、原則は次の条件に当てはまる場合に提出が必要になります。

  • プロミスに希望する利用限度額が50万円を超える
  • プロミスに希望する利用限度額と他社借入残高の合計が100万円を超える

大きな利用限度額が必要なければ収入証明書はいりませんが、万が一、プロミスの自動契約機に来店したから提出する必要があるなら事前に用意しておきましょう。

プロミス自動契約機の営業時間は何時まで?

プロミスの自動契約機の営業時間は「9:00~22:00なので、自動契約機で24時間いつでも申し込みできるわけではありません。(※一部営業時間が異なる)

しかし、来店申込として同じの店頭窓口の営業時間は「平日10:00~18:00」で、土日祝日の申込可能な自動契約機は非常に便利と言えます。

ただし、1つだけ注意したいのが自動契約機の審査時間です。

プロミスの審査時間は「9:00~21:00」で、9時は営業時間と審査時間で同じですが、審査時間が終了する21時は営業時間よりも1時間早く終わります

21時以降にプロミス自動契約機に来店して申込可能であっても、当日中に審査結果を受け取ることはできません。

21時以降の申し込みは、翌日9時以降に電話連絡によって審査結果が分かります。

カード発行できるまでの所要時間

プロミスの自動契約機で申し込んですぐに利用できるわけではなく、審査結果まで「最短30分」が必要で、融資開始となるカード発行までの所要時間は「最短1時間」となっています。

特に、プロミスの審査時間は申込者の属性や信用情報によって長引くことが多く、カード発行までの所要時間も遅くなります。

プロミスのカードローンの申込からカード発行まで自動契約機から出ることはできないので、審査時間が長引くことを考えると時間に余裕がある方が良いでしょう。

プロミスの審査時間については「プロミスの審査時間は長いのか?審査結果の連絡が遅いのを短縮させるコツ」で詳しく解説しているので参考にしてください。

プロミス自動契約機の在籍確認で注意すること

プロミスの審査では勤務先に電話連絡する「在籍確認」は必ず行われますが、自動契約機で申し込んだ時も在籍確認はあります。

プロミスの自動契約機に来店している時に在籍確認が行われるということは、申込者本人が勤務先への電話対応ができません

会社にいる同僚などがプロミスから電話対応するので、勤務先にプロミスの利用がバレないか心配する人もいますが大丈夫です。

プロミスの審査担当者は「非通知設定」「個人名」で在籍確認の電話をするので、本人以外が電話対応してもバレません。

あと、申込者本人が不在でも在籍確認は可能で、電話対応した人が「○○(申込者本人名)は現在、席を外しております」などの返答をすれば在籍確認が取れたことになります。

電話対応ができない会社の場合

個人情報に厳しい会社が増えているので、個人宛の電話連絡には対応できない場合があります。

どうしても申込者本人が在籍確認の対応ができないプロミスの自動契約機ですが、まずは自動契約機にある電話で在籍確認について相談すると良いです。

勤務先を証明する書類などの電話連絡以外の在籍確認方法を提案してくれる可能性があります。

プロミスの自動契約機に来店してから相談すると、持参していない書類が必要になる場合もあるので、事前にプロミスコールに問い合わせるのが一番良いと思います。

プロミス自動契約機で即日融資するポイント

プロミスの自動契約機で即日融資するには、審査時間は終わる2時間前には自動契約機に来店して申し込みを始めた方が良いです。

あと、在籍確認がしやすいように、勤務先の営業時間内に自動契約機で申し込むのが即日融資するポイントになります。

仕事中にプロミスの自動契約機に来店するのが難しく、仕事終わりの遅い時間帯にしか来店できない人のための即日融資する方法を解説します。

事前にWEB申込をして時間を短縮させる

プロミスの自動契約機でカード発行して即日融資するには、事前にWEB申込をして自動契約機に来店するまでに審査を終わらせておくのがポイントです。

プロミスのWEB申込は24時間できるので、仕事中の休み時間などに申し込みがしやすく、営業時間内に申込者本人が在籍確認の対応できる可能性があります。

審査結果の連絡が終われば、あとは自動契約機で契約手続きとカード発行するだけなので、プロミスの自動契約機に滞在する所要時間を十数分に短縮できます。

プロミスのWEB申込する時に自動契約機に行くことを決めていれば、契約方法の選択は「来店契約」を選んでください。

WEB契約をしてカード発行だけを自動契約機ですることも可能ですが、WEB契約は必要書類をスマホなどでアップロードするのでスマホ操作が苦手な人は向いていない可能性があります。

プロミスの即日融資に関する詳しい解説は「プロミスの即日融資は何時まで出来る?」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

プロミス自動契約機でできること

プロミスの自動契約機でできることは

  • 申し込み
  • カード発行
  • 契約内容の変更(利用限度額の増額、返済日の変更)
  • カード再発行
  • 暗証番号の変更

などがあります。

カード再発行は電話でも可能ですが郵送で時間がかかりますが、プロミスの自動契約機でカード再発行すれば即日で受け取れるので便利です。

プロミスの有人店舗でできることの多くが自動契約機でも可能で、備え付けの電話でオペレーターに相談できるので、わざわざ数少ない有人店舗に来店する必要もありません。

自動契約機では借り入れできない

プロミスの自動契約機でカード発行はできても、自動契約機で借り入れはできません

しかし、プロミス自動契約機に併設された「プロミスATM」で借り入れができます。

プロミスATMの営業時間は「7:00~24:00」で、利用手数料は無料なので利便性が非常に高いです。

プロミスATM以外の銀行やコンビニの提携ATMは24時間利用可能ですが、利用手数料は有料になるので、自動契約機に併設されたプロミスATMを利用する方が良いでしょう。

三井住友銀行ローン契約機はプロミスカード発行はできる

「プロミスの自動契約機に来店すると親バレしそうでイヤだ」など、消費者金融の自動契約機の利用に抵抗がある人は多いです。

抵抗がどうしてもある人は、プロミスと同じSMBCグループの三井住友銀行ローン契約機を利用するのがおすすめです。

しかし、三井住友銀行ローン契約機で注意する点は、プロミスのカードローンの新規申込ができないことです。

三井住友銀行ローン契約機でプロミスに関してできることは「契約手続き」「カード発行」になります。

ですので、事前にプロミス公式サイトからWEB申込を行い、審査通過してから三井住友銀行ローン契約機に来店して手続きをします。

三井住友銀行ローン契約機でプロミスカードが発行できると、三井住友銀行内にあるATMで借り入れが可能になります。

提携している金融機関ATMの中で、唯一、利用手数料が無料なのは三井住友銀行ATMなので安心して利用できます。

プロミス自動契約機の利用は時間に余裕がある人におすすめ

プロミスの自動契約機で申込からカード発行まで行うなら、1時間~2時間ぐらい時間に余裕がある場合に利用しましょう。

あと、在籍確認が申込者本人以外でも対応できる勤務先であるというのも、自動契約機で申込がしやすい条件の1つと言えます。

どうしてもプロミスの自動契約機でカード発行したいけど時間に余裕がない場合は、事前にWEB申込するのがおすすめです。

プロミスの自動契約機をうまく利用すれば、スマホ操作が苦手な人でも即日融資が受けやすくなるので、ぜひ参考にしてください。