プロミスはカードなしで借り入れも返済もできるカードローンで、消費者金融の中でも利便性が非常に高く評判が良いです。

では「どんな状況でもカードなしで利用できるのか」「カードを利用しないと借り入れや返済できない場面はあるのか」など、詳しく解説していきます。

ネットならカードなしで借り入れも返済もできる

スマホやパソコンを利用すればカードなしでも借り入れと返済の両方が利用できます。

インターネットを利用したカードなしの方法
  • ネットキャッシングで振込融資
  • ネット返済
  • 口座振替をネットで申込

ネットキャッシングで振込融資をする

プロミスの振込融資はネット振込と電話振込の2通りありますが、ネット振込で借りる方が断然簡単でスムーズに振込が実行されます。

もちろんネット振込なのでカードなしで借りることが出来て、プロミス会員ページから振込依頼をするだけです。

ネット振込の手順
  1. プロミス会員ページにログイン
  2. 「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」をクリック
  3. 「振込希望金額」を入力
  4. 振込実行をする

プロミス会員ページにログインするには「カード番号」か「Web-ID」を準備してパスワードを入力すれば良いです。

カード番号はプロミスカードに刻印されている番号なので分かりやすいですが、Web-IDは後から自分で作成する番号なので必要なければ作らなくても大丈夫です。

もちろんプロミスアプリからもネット振込は可能で、手順に違いはありません。

モアタイムシステムの導入で24時間365日振込できる金融機関口座が増えたので、10秒程度で振込される「瞬フリ」が利用しやすくなっています。

ネット返済の方法

プロミスのネット返済はネットキャッシングと同じように、プロミス会員ページから利用できます。

ネット返済の手順
  1. プロミス会員ページにログイン
  2. 「インターネットのお手続き」をクリック
  3. 返済金額を3つの中から指定
  4. ネット返済したい金融機関を選択
  5. 選択した金融機関にログイン
  6. ネット返済を実行

プロミスのネット返済をするときは「一部返済」「全額返済」「金額指定返済」の3つから金額を選びます。

一部返済は毎月の最底返済額を返済する方法で、金額指定返済はその時に返済できる金額を決めて返済します。しかし、最低返済額を下回る金額は指定できません。

プロミスの以前のネット返済は5つの金融機関しか利用できませんでしたが、今は約1,100の金融機関で利用できるので、非常に使いやすくなっています。

口座振替をネットから申し込む

口座振替は口座から自動引き落としになるので、もちろんカードなしで返済できる方法です。自動引き落としなので最も手軽で返済を忘れにくいおすすめな返済方法になります。

他の消費者金融では書面で口座振替の手続きをする必要がありますが、プロミスはネットから口座振替に切り替える手続きが出来ます。

ネットから口座振替できる金融機関は「三井住友銀行」と「ジャパンネット銀行」になり、その2つ以外の口座の場合は契約内容の変更が必要なので、プロミスコールに連絡する必要があります。

セブン銀行ATMならカードなしで借り入れと返済が利用できる

ATMと聞くとカードを利用しないと現金を引き出したり返済したりできないと思うのが普通です。

しかし、プロミスとセブン銀行ATMに限ってはカードなしでも、借り入れと返済が利用可能になっています。しかも、24時間365日利用できるので、お金に困ったときにすぐに引き出せるメリットがあります。

セブン銀行ATMをカードなしで利用するには、プロミスアプリの中になる「スマホATM取引」を利用します。

スマホATM取引を利用するには、プロミスアプリをスマホにインストールして会員ページにログインすれば利用できます。

スマホATM取引の手順
  1. プロミスアプリ「アプリローン」をインストール(スマホ側
  2. アプリローンにログインして「セブン銀行・スマホATM取引」をタップ(スマホ側
  3. セブン銀行ATMの左上に表示される「スマートフォンでの取引」をタッチ(セブン銀行ATM側
  4. スマホの「出金」「入金」のどちらかを選択(スマホ側
  5. セブン銀行ATMに表示される「QRコード」をスマホで読み取る(両方
  6. スマホに表示された「企業番号」と「暗証番号」をセブン銀行ATMに入力(セブン銀行ATM
  7. 出金は金額を指定、返済は返済金をドロアーに入れる(セブン銀行ATM
  8. 取引完了

セブン銀行ATM以外のローソン銀行ATMやイーネットなどのコンビニATMでは「スマホATM取引」は利用できないので、プロミスカードを利用しないと借り入れや返済はできません。

あと、どのコンビニATMで手数料が発生するので、あまり使いすぎると利息以外のお金が必要になります。

プロミスATMは返済だけならカードなしで利用できる

自動契約機に併設されているプロミスATMがあり、カードなしでも返済できるようになっています。借りるときはカードが無いと利用できません。

プロミスATMをカードなしで返済する手順
  1. 自動契約機に出向いてプロミスATMブースに入る
  2. ATM画面の「カードなし」を選択
  3. 「氏名」「生年月日」「電話番号」を入力
  4. 返済ボタンを押す
  5. 返済開始

プロミスATMで返済する場合、氏名と生年月日と電話番号の入力することになりますが、カード番号なども必要ないのでプロミスカードを持ち歩かなくても良いです。

プロミスATMであれば手数料不要なので、毎月の返済をプロミスATMで行っても利息以外に発生するお金はありません。

プロミスのカードなしにするメリット

プロミスカードが必要なくても利便性が高いプロミスですが、カードなしにすることでどんなメリットがあるのでしょうか?

カード発行なしの「カードレス」は郵送物もなし

セブン銀行ATM以外の提携ATMを利用したい人は、必ずプロミスカードを発行しなければ利用できませんが、プロミスではカード自体を発行しない「カードレス」で契約することができます。

ネット申込からネット契約をしてカード不要を選択する「WEB完結」をすると、契約後の自宅へのカード郵送が無くなり、プロミスの契約が家族にバレにくいです。

プロミスカードを郵送させない詳しい解説は「プロミスカードはいつ届くの?自宅への郵送を避ける方法」で解説しています。

カードを紛失する心配がない

カード発行をされた人やカードレスを利用した人でもカードを持ち運ばなくても良いので、カードを紛失する心配がありません。

カードを紛失してすぐに紛失届や盗難届を出せば問題ありませんが、知らない間に紛失して不正利用されると、利用されたお金の損害を補償されない場合もあります。

カードなしでも利用できるプロミスですが、再発行も無料なので、紛失してそのままにしておかないようにしてください。

カードなしで便利に使えるのはプロミスだけ

私がプロミスを利用しているから依怙贔屓にしているわけではありませんが、カードなしでここまで便利に使えるカードローンは他にはありません。

他の消費者金融でもカードレスで利用できるものはありますが、「振込キャッシング」「ネット返済」「スマホATM取引」「プロミスATM」など利便性は非常に高く、わざわざカード発行する意味はないと言えます。

もうカード発行してしまった人は、家族でもバレない誰も空けない引き出しなどにしまっておきましょう。

≫プロミスの即日融資は何時まで?≪