ATMで現金を引き出す場合はプロミスカードを利用しますが、「プロミスカードはいつ自宅に届くの?」「プロミスカードが届くまでの日数は?」と思ってしまう人も多いはずです。

プロミスカードが届くまでにプロミスから借りたいときは、口座へ振込キャッシングで借りることが出来るので、契約当日に即日融資で借りることが出来ます。

プロミスカードがどうしても必要な人は、数日間までば確実に自宅に届きますが、カードの受取方法で発行されるまでに時間が違うので詳しく解説していきます。

プロミスカードが郵送で届くまでの日数

プロミスカードの受取方法で1番多いのが「郵送」での受け取りになりますが、郵送はやはり時間がかかりますので、プロミスカードが届くまで「申込完了後から3日~1週間」は必要になっています。

申込完了後に審査が開始され当日中に契約出来れば3日程度で届くのが一般的です。私も郵送でプロミスカードを受け取りましたが4日目に自宅に届きました。

契約手続きに時間がかかり、夕方以降の契約になるとプロミスカードの発送が翌日以降にずれ込むので、余計に自宅に届くまで時間がかかります。

5日以上プロミスカードが届いていなければ、プロミスコールに問い合わせした方が良いでしょう。すでに郵送中なのか分かるので。

プロミスカードが届くのが間に合わないなら自動契約機で受け取る

振込キャッシングが利用出来なくてプロミスカードがどうしてもすぐに必要な人は、自動契約機でカード発行すれば今日中に受け取ることが出来ます。

自動契約機でプロミスカードを受け取る場合にもいくつか方法があり、受取方法の違いによって発行時間が多少違います。

自動契約機でプロミスカードを受け取る時間
方法発行されるまでの時間
申込から発行まですべて自動契約機1時間~2時間程度
契約手続と発行を自動契約機30分~1時間
カード発行のみ自動契約機10分程度

プロミスの自動契約機以外に、三井住友銀行のローン契約機でもプロミスの申込からカード発行まで出来るので、申込者が利用しやすい方を選択すれば良いです。

自動契約機で申込からカード受取まで行う時間

プロミスの最短融資時間は1時間なので、自動契約機から申込を始めても最低1時間はカード受取まで時間が必要です。

平日の昼間や土日など申し込みが混雑する時間帯になると、審査時間が長引いてしまう可能性も高いので、カード受取までの時間も遅くなります。

プロミスの自動契約機はタッチパネルで申し込むので、操作で迷うとさらに時間がかかるでしょう。

契約手続きとカード受取を自動契約機で行う時間

事前にネット申込をしていれば仕事中でも審査が行われるので、自動契約機で待つ時間が短縮できるのでおすすめの申込方法です。カード発行までの時間も短くなります。

プロミスのネット申込をする最中に「来店契約」を選択すれば、自動契約機でカード受取が可能になります。

契約手続きの時間が必要になりますが、約30分~1時間でカードは受け取れるはずです。

カード発行のみ自動契約機で行う時間

来店契約をせずに「WEB契約」をすれば、自動契約機に本人確認書類を持参しなくてもカード発行だけで受け取れます。時間は数分~10分程度で受け取れるので時間はかかりません。

WEB契約さえ済ませていれば振込キャッシングで借り入れ出来るので、後からいつでもカード発行はできるので便利です。

プロミスカードがいらない人は「WEB完結」を利用しよう

「プロミスカードが届くまでの時間がムダ」「自宅に郵送されるのは困る」「そもそもプロミスカードはいらない」

振込キャッシングで借りるだけで返済も口座振替の人など、プロミスカードがいらないという人は多くいます。家族にバレるのがイヤだという理由も1つあります。

プロミスカードが必要ない人は、WEB完結でカード発行をしない方法を選べば自宅へのカードの郵送がないのでおすすめです。

プロミスカードを受け取らないWEB完結を利用するには、次の手順で進むようにしてください。

WEB完結の条件
  • 契約方法は「WEB」を選択する
  • 返済方法は「口座振替」を選択する
  • 「カードなし」や「カード郵送希望必要なし」を選択する

来店契約はその場でカード発行されるので、必ずWEB契約で進めるようにしてください。

あと、ATM返済を選択してしまうと必ずプロミスカードが無いと利用出来ません。カード郵送受取が必須項目になってしまうので注意してください。

プロミスカードの再発行方法と届くまでの時間

今まで利用していたプロミスカードを紛失してしまう場合もあると思いますが、まずはカードが紛失した場合はプロミスコールに電話連絡して、カードの利用を停止してもらうことが先決です。

あとは警察に紛失届を出すことも忘れないでください。

プロミスコールと警察への連絡が終われば、プロミスカードの再発行手続きをします。

プロミスカード再発行手続きの方法
  • プロミスコール(0120-24-0365
  • 自動契約機
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)

プロミスカードの再発行手続きには「本人確認書類」が必要です。

プロミスコールで再発行すると郵送で送られる

プロミスコールで紛失届や盗難の相談は24時間受け付けているので、再発行手続きもしやすいです。

しかし、プロミスコールで再発行手続きを行うとカードは自宅へ郵送で送られるので、新規発行の時と同様に3日~1週間は時間が必要になります。

時間もかなり必要で家族にバレる可能性も高いので、再発行手続きの中でおすすめ出来ない方法です。

自動契約機・店頭窓口の再発行は即日発行が可能

自動契約機と店頭窓口でプロミスカードを再発行する場合は、本人確認書類を持参するのを忘れないでください。

どちらの再発行手続きでも即日発行ですぐに受け取れるので、時間もかからず自宅への郵送なしなのでおすすめです。

1つ気をつけることは、自動契約機と店頭窓口の営業時間が違うことです。

自動契約機は平日でも土日でも「9時~22時」が営業時間なので、いつでも再発行手続きがしやすいです。店頭窓口は土日は休みで「平日10時~18時」が営業時間で、店舗数も少なくあまりおすすめではありません。

再発行時の必要書類は収入証明書はいらない

プロミスカードを再発行する時は審査は行われないので、収入証明書を持参しなくても良く、本人確認書類だけで良いです。

本人確認書類になるもの
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証+住民票など

現住所が記載されている本人確認書類がプロミスで認めている書類になるので、上の4つが代表的な書類になります。

もし、本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合は、次の書類も持参して提出する必要があります。

現住所を証明する書類
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

いずれの書類を提出する場合は発行日から6ヶ月以内のものに限られているので気をつけてください。

プロミスカードは必要ないかもしれない

プロミスカードはあれば便利ですが、発行するには手間や時間が必要です。届くまでの時間を待つのもイヤですよね。

プロミスカードが無くても借りたり返したりは出来てカードを紛失する恐れもないので、プロミスカードを発行しなくても良いと思います。

プロミスアプリさえダウンロードすればカード代わりにもなるので、アプリさえ家族にバレないようにしておきましょう。

≫プロミスの即日融資は何時まで?≪