プロミスの借入・返済できる営業時間

プロミスの利用を検討しているなら、気をつけておくべきことが「営業時間」

  • 申込って何時までなの?
  • 夜でも借り入れできるの?返済は?
  • 24時間利用できないの?

など、プロミスを利用できる時間に対して疑問に思うことが多くあります。

何でもかんでも24時間いつでも利用できるわけではなく、プロミスの利用目的に応じて受付時間や営業時間が異なります。

そこで、プロミスの審査や借入・返済など利用目的それぞれの営業時間を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

プロミスが審査対応する営業時間

プロミスのカードローンを24時間申し込みできる方法がありますが、審査結果の対応する営業時間は「9:00~21:00」です。

プロミスを申し込んだのが審査対応する時間外だったり、21時までに審査結果の連絡が間に合わない場合は、プロミスからの審査対応は翌日9時以降に延びます。

土日祝日も審査を行っているので、休みの日でも審査結果の連絡に対応できるようにしていてください。

プロミスの審査にかかる時間は「最短30分」で、どうしても申込当日中に審査結果だけでも知りたいなら、遅くても20時までに申込完了させるのが良いでしょう。

プロミスの審査時間が長くなるケースもあり、「【最短30分!?】プロミスの審査時間は長いのか?審査結果の連絡が遅いのを短縮させるコツを解説!」を参考にすると審査結果を早く受け取れる可能性が高くなります。

プロミスの申込受付している営業時間

プロミスのカードローンを申し込みできる方法は

  • インターネット(WEB申込)
  • 自動契約機
  • 電話(プロミスコール)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 郵送

の5つあり、それぞれの申込方法で営業時間や休日が違います。

営業時間を簡単にまとめたのが下記の表です。

プロミス申込方法別の営業時間と休業日
申込方法営業時間休業日の有無
インターネット24時間365日なし
自動契約機9:00~21:00※土日祝日も営業
電話(プロミスコール)9:00~21:00土日祝日も営業
店頭窓口(お客様サービスプラザ)平日10:00~18:00土日祝日は休み
郵送営業日に準ずる

※店舗によって営業時間が異なる

もう少し詳しくプロミスの申込方法別の営業時間について解説します。

インターネット(Web完結など)

プロミスのカードローンをスマホやPCから申込可能なインターネットは、申込方法で唯一「24時間365日」申込受付しています。

ですので、審査対応できる営業時間外に申込ができてしまうので、審査回答が遅いと感じてしまう人も多いはずです。

しかし、インターネット申込はプロミスと来店せずに契約できる「WEB契約」や、自宅への郵送物なしにする「Web完結」が可能で、煩わしい契約手続きを簡略化できます。

プロミスのWeb完結する流れは下記の通りです。

  1. プロミス公式サイトからインターネット申込する
  2. 必要事項を記入、契約方法「WEB」を選択
  3. 審査開始
  4. 本人確認は特定の方法で行う
  5. 審査結果の連絡
  6. 「カード不要」を選択
  7. Web完結の手続き完了

「契約機などに来店する時間は無いけど、仕事の合間に申し込みたい」という人はインターネット申込がおすすめで、営業時間内に契約手続きできればすぐに借入もできます。

プロミスのWeb完結については「プロミス【Web完結の流れ】気になる必要書類と在籍確認は徹底解説!」で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

自動契約機(無人契約機)

プロミスの自動契約機は担当者と対面せず申し込みできる無人契約機で、営業時間は審査対応と同じ「9:00~21:00」なので24時間申込可能ではありません
※店舗によって営業時間が異なる。

しかし、土日祝日も申し込みできるので、平日は会社があり来店できない人でも申し込みやすいです。

プロミスの自動契約機で申込から契約手続きする流れは下記の通りです。

  1. 必要書類を持参して自動契約機に来店
  2. タッチパネル操作で申込手続き
  3. 審査開始
  4. 必要書類をスキャナーで提出
  5. 審査回答が備え付けの電話で行われる
  6. 契約書に署名してスキャナーで読み取る
  7. 契約完了後、カード発行

自動契約機の営業時間は21時までなので、営業終了時間ギリギリに来店して申し込みしても、審査結果はすぐには分かりません。

プロミスカードを申込当日に受け取りたいなら、遅くても20時までに来店して申し込みしましょう。

電話(プロミスコール)

電話でプロミスカードが申し込めるプロミスコールの営業時間は「9:00~21:00」で、「店舗に来店するのは面倒だけど、担当者に相談しながら申し込みたい」という人におすすめの申込方法です。

プロミスコールの営業時間と審査の受付時間は同じで、土日祝日も新規申込を受け付けているので、早い時間帯に電話すれば申込当日中に審査結果が分かります。

しかし、プロミスコールの契約手続きは自動契約機に来店するか、時間のかかる郵送契約のどちらかなので、インターネット申込のようなスピーディーな借入には向いていません。

自動契約機の営業時間も21時までなので、プロミスコールで申し込んでから来店するためには、午前中までに申し込んだ方が良いでしょう。

店頭窓口(お客様サービスプラザ)

プロミスには「お客様サービスプラザ」という有人店舗の窓口があり、営業時間は「平日10:00~18:00」の土日祝日は休みで、申込方法の中で一番短い営業時間です。

プロミスの担当者と直接会話しながら申し込みたい人にはおすすめですが、全国に18店舗しかなくて、ほとんどの人が自宅や会社の近くにありません。

わざわざ店頭窓口に来店するよりも、営業時間の長い自動契約機に来店してオペレーターに相談する方が、申込しやすく利便性が高いです。

プロミスが利用できる振込の営業時間

プロミスの借入と返済を来店せずに利用できる振込サービスがあり、借入方法は

  • 振込キャッシング(瞬フリ)
  • 三井住友VISAプリペイドへの振込チャージ

の2つで、返済方法は

  • ネットバンキングを利用したインターネット返済
  • 指定口座への銀行振込

の2つで、合計4つの振込サービスがあります。

それぞれの振込サービスの営業時間は異なりますので、1つずつ解説します。

振込キャッシング(瞬フリ)

プロミスの振込サービスで利便性が高いのが、プロミスに登録した銀行口座へ借り入れする「振込キャッシング」です。

特にプロミスには、インターネット会員サービスから振込キャッシングする「瞬フリ」があり、振込受付時間が24時間365日となっています。

瞬フリの特徴は下記の表にまとめました。

瞬フリの特徴
振込受付時間24時間(土日祝日も可能)
振込反映時間最短10秒程度
対応金融機関
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行

など約200の金融機関

手数料無料

土日祝日も振込できる瞬フリは、振込依頼完了してから「最短10秒程度」で口座に入金され、しかも手数料が無料なので利用しやすい借入方法です。

以前は瞬フリが利用できる金融機関は少なかったですが、今では約200の金融機関が対応しています。

しかし、24時間振込受付している瞬フリですが、毎週月曜日0:00~7:00は振込受付を停止しています。

あと、下記の表の時間帯はシステムメンテナンスになり、振込実行が遅れてしまう振込予約しかできないので注意してください。

システムメンテナンスの時間帯と振込実施時間
曜日メンテナンス時間帯(受付時間)振込実施時間
毎週土曜日23:30~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週日曜日0:00~4:00当日8:45~9:30頃
18:50~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週月曜日7:00~8:00当日8:45~9:30頃

週末の深夜・早朝の時間帯はシステムメンテナンスになるので、9時前後まで振込されるまで待ちましょう。

電話で振込キャッシングを依頼すると瞬フリにはならない

プロミスの振込キャッシングにはインターネット会員サービス以外に、プロミスコールに電話で依頼する方法も24時間受け付けています。

しかし、瞬フリのように最短10秒程度で振込実施される受付時間は短くなるのが注意点です。

プロミスコールの振込キャッシング受付時間と振込実施時間は下記の表にまとめました。

プロミスコールの振込キャッシングの受付時間
曜日受付時間振込実施時間
月曜日~金曜日0:00~9:00当日9:30分頃
9:00~14:50最短10秒程度
14:50~24:00翌営業日日9:30頃
土日祝日0:00~24:00翌営業日9:30頃

初めにも書いたように電話依頼の振込キャッシングは24時間可能ですが、最短10秒程度で振込されるのは「平日9:00~14:50」の時間帯だけです。

平日14:50以降にプロミスコールに電話しても振込実施されるのは「翌営業日9:30頃」になるので、急いでいる場合はインターネット会員サービスから瞬フリを利用してください。

三井住友VISAプリペイドへの振込チャージ

手持ちの銀行口座へ振込キャッシングする借入方法以外に、プロミスでは「三井住友VISAプリペイド」カードへ現金を振込チャージする借入方法があります。

三井住友VISAプリペイドへ振込できる受付時間と反映時間は下記になります。

三井住友VISAプリペイドへ振込できる受付時間
曜日振込受付時間反映時間
平日・土日祝日0:00~23:50振込手続き完了後、即時反映

平日や土日祝日関係なく、いつでも24時間振込受付しており、手続き完了すればすぐにプリペイドカードへチャージできます。

手元に現金が必要な時に振込キャッシング(瞬フリ)をしたらATMに来店して引き出しますが、振込チャージであれば借入後すぐにプリペイドカードを利用できるのでおすすめです。

あと、振込キャッシングと同じで振込チャージも手数料無料なので、利用する場面で使い分けるのも良いでしょう。

インターネット返済

プロミスの会員サービスと金融機関のネットバンキングを利用するインターネット返済は、24時間365日で返済受付しています。

インターネット返済の特徴
返済できる営業時間24時間365日
返済反映時間最短10秒
対応金融機関
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行

など約1,100の金融機関

振込手数料無料

プロミスのインターネット返済は最短10秒で返済が即時反映されるので、すぐに借入したいときに非常に便利です。

しかも、全国の銀行や信用金庫など約1,100の金融機関がインターネット返済に対応しており、ネット返済できない金融機関を探す方が困難です。

しかし、プロミスのインターネット返済できる営業時間内でも、事前に契約している金融機関のインターネットバンキングしか登録できないのが注意点です。

約1,100の金融機関以外やネットバンキングを契約していない場合は、プロミス指定の口座へ銀行振込で返済する方法になります。

プロミスのインターネット返済の登録方法など詳しい解説は「【絶対に利用しよう】プロミスのインターネット返済のやり方!返済時のメリットや注意点など徹底解説!!」を参考にしてください。

指定口座へ銀行振込

プロミスが指定する口座へ入金する「銀行振込」で返済できますが、振り込んだお金が返済に反映されるのは銀行の営業時間内である「平日15:00まで」です。

平日15:00以降に銀行振込をしても返済は翌営業日まで反映されません

もし、返済日当日の営業時間外に銀行振込してしまうと、返済日に遅れた扱いになってしまう「延滞」になるので、追加で遅延損害金を支払う可能性があります。

なるべく銀行振込で返済する場合は、返済日より前に返済するのがおすすめです。

1つ注意するのが、銀行振込の手数料は利用者負担になり、返済金額や利用状況で「110円~550円」の振込手数料が必要です。

プロミスが利用できるATMの営業時間

プロミスの借入や返済を店舗やコンビニなどに設置されたATMを利用する方法で、

  • プロミスATM
  • 提携ATM(コンビニ・金融機関)
  • マルチメディア端末(Famiポート・返済のみ)

があります。

来店して利用できる営業時間はそれぞれ違うので、1つずつ解説します。

プロミスATM

プロミスATMはプロミスが運営しているATMで、営業時間が「7:00~24:00」土日祝日も営業しています。

プロミスATMは自動契約機や店頭窓口に併設されているので、全国に約930台と数は少なめですが、ATMの手数料が無料なので利用しやすいのがポイントです。

プロミスATMで借入や返済する時はカードを利用しますが、返済はカードなしでも「氏名」「生年月日」「電話番号」「暗証番号」の4つを入力すれば利用できます。

自宅や会社の近くにプロミスATMがあれば、手数料も必要ないので現金がすぐに必要な時に営業時間内に利用しましょう。

提携ATM(コンビニATM・金融機関ATM)

プロミスの提携ATMは15種類あり、特におすすめなのが

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • E-net(ファミリーマート、デイリーヤマザキ etc)

などの営業時間が24時間と長い提携コンビニATMです。

提携コンビニATMだけで全国に5万台以上あり、365日で借入や返済の利用ができるので困りません。

しかし、提携ATMは営業時間に関係なく利用手数料が有料で、

  • 1万円以下で110円
  • 1万円超で220円

の手数料が発生します。

提携ATMの中で手数料無料で利用できるのが「三井住友銀行ATM」です。

三井住友銀行ATMの営業時間はコンビニATMと同じ「24時間」なので、設置台数は少ないですが近くで見かけたら利用しましょう。

マルチメディア端末(Famiポート)

ファミリーマートに設置されているマルチメディア端末「Famiポート(ファミポート)」は純粋なATMではありませんが、営業時間が原則24時間と長くて返済のみ利用できます。

毎週日曜日23:10~月曜日7:00はメンテナンスで利用できませんが、365日いつでも手数料無料で返済できるので、コンビニATMで返済を考えている人におすすめの返済方法です。

プロミスで即日融資できるのは何時まで?

プロミスで即日融資ができる時間を、営業時間が24時間ある申込方法や借入方法と同じで、いつでもできると勘違いされる人もいます。

しかし、プロミスで即日融資できる時間は、審査回答の対応ができる21時までに審査に通過して契約手続きを完了させる必要があります。

プロミスの審査は最短30分ですが、契約手続きなどの時間を含めると申込完了から最短1時間は必要です。

ですので、即日融資するのは遅くても20時までに申込を完了させる必要があり、確実に申込当日に借り入れしたいのであれば午前中には申し込みを始めましょう。

プロミスの即日融資する方法の解説は「プロミスの即日融資は何時まで?今日中に借入できる条件や注意点を徹底解説!」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

プロミスの年末年始の営業時間は通常と異なる

プロミスのカードローンを年末年始に「申し込みたい」「借入したい」と考えた場合、通常の営業時間と異なり変則的になるので注意してください。

プロミスの年末年始の営業時間は、1月1日のインターネット新規申込以外すべて営業休止となります。

あとは、プロミスコールの年末の営業時間が短縮されたり、年始の借入が金融機関の営業が開始される1月4日以降の営業日まで利用できないなどあります。

借入や返済は金融機関の営業時間に準ずる場合がほとんどなので、年末年始はプロミスの会員サービスで時間を確認するようにしましょう。

プロミスの年末年始に営業について「プロミスは年末年始でも借り入れできる?営業しているのか?」で詳しく解説しています。

プロミスのサービスすべてが24時間営業と思わないようにしよう

インターネットを利用したプロミスの申込や借入・返済などは、営業時間が24時間なので困ることはありません。

しかし、店頭窓口やATMに来店して申込や借入など利用する場合は、それぞれの店舗で営業時間が異なるので、事前に確認するのがおすすめです。

一度利用してみて営業時間を覚えれば、少々の時間変更があっても大幅に変わることがあまりありません。

自分がプロミスのカードローンを利用する環境に応じた営業時間を把握するようにしておきましょう。