プロミスで追加融資する方法

プロミスを契約してから一度借り入れしたけど、すぐにお金が必要になって、再び借りれるのか不安に思っていますか?

再び借り入れすることを「追加融資」と言いますが、追加融資で悩むことは

  • 審査や在籍確認は必要なの?
  • どうやって追加融資すれば良いの?
  • 追加融資で月々の返済額は変わるの?
  • 追加融資できない場合ってある?

などあります。

上記の悩みを解消するために、プロミスの追加融資について分かりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

プロミス追加融資の借入は審査が不要

プロミスではじめて借入するのは審査が必要ですが、すでに契約している人が追加融資するのは審査は不要で借入できます。

プロミスの契約手続きで決められた利用限度額に余裕があれば、何度でも審査を受けずに追加融資が可能です。

プロミスに限らず、他社の消費者金融や銀行のカードローンも同じ「個人向け無担保融資」は、一度審査に通過して契約すれば繰り返し利用できるのがメリットです。

しかし、銀行などの目的ローンは、契約した限度額を一度に借り入れて返済のみするローンは、追加融資するのは再審査が必要になります。

追加融資は在籍確認なしで借入可能

プロミスの追加融資が審査不要ということは、審査で必ず行われる勤務先への在籍確認もありません。

在籍確認を行う時間が省かれるので即日融資でお金が必要となれば、すぐに追加融資で借り入れできます。

もし、他のカードローンを新規申込したり増額する場合は、在籍確認は行われるので対応できるように準備しておいてください。

プロミスの在籍確認なしは可能か?職場へ電話連絡があるタイミングと勤務先別の対応策を解説

プロミスから追加融資できるのは利用限度額の範囲内

プロミスの追加融資で借り入れるには、契約した「利用限度額」の範囲の上限に余裕ある人に限ります。

利用限度額範囲内で追加融資できる

例えば、契約した利用限度額が50万円で、前回借り入れした金額が10万円であれば、追加融資できる金額は40万円となります。

あと、何度は返済をしていれば借入残高が減ってるので、利用限度額から借入残高を引いて金額が追加融資で借り入れできます。

プロミスの利用限度額を確認する方法

プロミスで追加融資を利用するなら、まず利用限度額を確認してください。

利用限度額の確認方法は

  • プロミス会員ページ(WEB)
  • プロミスコール(電話)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)

の3通り、おすすめはスマホやPCで確認できる「プロミス会員ページ」です。

プロミスを契約している実際の利用限度額
私がプロミスを契約している実際の利用限度額は50万円。

プロミス会員ページであれば24時間いつでも利用可能で、追加融資が必要であればそのままWEB上で手続きができます。

プロミスコールの電話も営業時間外でも自動音声によって利用限度額の確認ができて、振込融資の依頼もできます。

しかし、WEBを利用するよりも時間がかかったり、手続きの流れが少し面倒なのでおすすめしません。

店頭窓口は、全国に18店舗しかないのでそもそも利用できる人は限られます。

希望限度額と契約した利用限度額は違う場合がある

プロミスの新規申込時に借りたい希望限度額を申請しますが、実際に契約する利用限度額が希望限度額通りになるとは限りません

例えば、50万円の希望限度額を申請したにも関わらず、審査の結果、契約できた利用限度額は30万円までということはよくあります。

利用限度額を会員ページで確認せず、希望限度額どおり契約できたと思っても、すでに借入残高が利用限度額いっぱい借り入れしている場合がありますので、注意してください。

プロミスで追加融資する方法

プロミスで追加融資する方法は、

  • 瞬フリ(振込キャッシング)
  • ATM(プロミスATM・提携ATM)
  • 店頭窓口

の3通りあります。

プロミスの追加融資できる方法は3つ

プロミスの追加融資はすでに契約された人が利用するので、上記の追加融資方法の中で2つが土日でも借入可能なので、それぞれ詳しく解説します。

瞬フリ(振込キャッシング)を利用した追加融資の流れ

プロミスの瞬フリは、約200の金融機関口座への振込キャッシングが「原則24時間最短10秒」で完了する借入方法なので、土日祝日でも追加融資できます。

瞬フリで追加融資する流れは

  1. プロミス会員ページにログイン
  2. 「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」をクリック
  3. 振込希望金額を入力
  4. 「振込実行」をクリック

の手順で進みます。

プロミス会員ページにログインするには「カード番号+暗証番号」「Web-ID+パスワード」の2通りあります。

口座への振込手数料は無料なので、口座の残高不足であればおすすめする追加融資の方法になります。

ATMを利用した追加融資の流れ

プロミスの追加融資で利用できるATMは

  • プロミスATM
  • コンビニや銀行など金融機関の提携ATM

の2種類あります。

ATMで追加融資する流れはどのATMでも同じで

  1. ATMにプロミスカードを挿入
  2. 「出金」をタップ
  3. 暗証番号を入力
  4. 希望借入金額を入力
  5. 借入したお金が出てくる

の手順です。

3種類のATMで追加融資する際に注意する点を解説します。

プロミスATM

プロミスATMは、プロミスが直接営業しているATMで、自動契約機や店頭窓口に併設されているので設置台数が少ないデメリットがあります。。

追加融資にかかる手数料は無料なので、手軽に借り入れできるメリットがあります。

さらに、プロミスATMの営業時間は「7:00~24:00」と長く土日祝日も営業しているので、近くにプロミスATMがある人は利便性は高いはずです。

提携ATM

プロミスが追加融資できる提携ATMの種類は

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • E-net(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラetc)
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 親和銀行
  • 広島銀行
  • 八十二銀行

16種類になります。

提携ATMの営業時間は24時間が多くて、セブン銀行とローソン銀行、E-netのコンビニに設置されているATMだけで5万台以上の設置台数があり、利便性は非常に高くておすすめする追加融資の方法です。

しかし、提携ATMで追加融資の借入する注意点は「ATM利用手数料が発生する」ことです。

提携ATMの利用手数料
利用金額手数料
1万円以下110円
1万円超220円

利用手数料の金額は少額ですが、いつも提携ATMで追加融資するのはおすすめできません。

提携ATMの中で唯一、同じSMBCグループの三井住友銀行ATMで追加融資した場合は、利用手数料が無料なので、近くに三井住友銀行ATMがある人はおすすめです。

店頭窓口を利用した追加融資の流れ

プロミスの店頭窓口で追加融資する流れは、窓口に来店して担当者に追加融資の借入をお願いするだけなので、非常に簡単です。

しかし、「お客様サービスプラザ」の店頭窓口があるのは全国に18店舗と非常に少なく、近くにプロミスの窓口がある方が珍しいのでおすすめできません。

あと、店頭窓口に営業時間は「10:00~18:00」と短くて平日のみの営業となります。

追加融資の借入の手数料は無料ですが、近くに窓口がある人は早めの時間帯に来店するようにしてください。

プロミス追加融資で借入した後の返済額は変動する

プロミスの追加融資で借入残高が変わると、毎月の返済額が変動する可能性が高いです。

プロミスの返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」を採用しているので、最終の借入残高に応じて毎月の返済額がスライド(変動)します。

借入残高が増えると返済額も増えるのが基本

豆知識

元利定額とは、毎月の返済額の中に利息も含まれる返済方式です。
なので、月々の返済額が一定で分かりやすいメリットがあり、多くの消費者金融で採用されています。

元利定額に似ている「元金定額」という返済方式がありますが、月々の返済額に追加で利息を上乗せする必要があり、借入残高に応じて利息も変動するので分かりにくいデメリットがあります。

話を戻して、プロミスの毎月の返済額を決める計算式は「借入残高×一定の割合」であり、一定の割合は借入残高に応じて変わり、次の3段階に分かれています。

借入残高に応じた一定の割合の変動
借入残高一定の割合※
30万円以下3.61%
30万円超~100万円以下2.53%
100万円超1.99%

※1,000円未満は切り上げ

例えば、30万円を借入したときの返済額は「30万円×3.61%10,830円」で、1,000円未満は切り上げとなり、11,000円が毎月の返済額になります。

最終借入残高が返済額の基準となるので、プロミスで追加融資しなければ完済まで11,000円を返済し続けることになります。

追加融資によって返済額が増える場合

プロミスの毎月の返済額が増えるのは、単純に前回の借入より追加融資によって借入残高が増えた場合です。

例えば、前回の借入残高が10万円で、追加融資によって最終借入残高が30万円に増えた時の返済額は次のようになります。

最終借入残高の違いによる返済額
最終借入残高返済額
10万円4,000円
30万円11,000円

プロミスの借入残高は追加融資で増えたら、毎月の返済額も増えると覚えておきましょう。

追加融資によって返済額が減る場合

プロミスの追加融資で借り入れたにも関わらず、毎月の返済額が減る場合もあります。

追加融資で返済額が減るケースは

  • 一定の割合が変わった
  • 前回の借入残高よりかなり減ってから追加融資を行った

の2つがあります。

毎月の返済額が減るケース①

返済額が減るケースの1つ目「一定の割合が変わった」場合は、借入残高30万円以下の3.61%と借入残高30万円超~100万円以下の2.53%を例として解説します。

例えば、前回の借入残高30万円で返済をして、追加融資によって最終借入残高が31万円に増えた返済額が次の表になります。

追加融資により返済額が減るケース①
最終借入残高返済額
30万円11,000円(30万円×3.61%=10,830円)
31万円8,000円(31万円×2.53%=7,843円)

追加融資で最終の借入残高が1万円増えましたが、毎月の返済額が3,000円も少なくなったのは「一定の割合が低くなった」からです。

一定の割合「2.53%」で、借入残高30万円の返済額と同じになる最終借入残高は「40万円」です。

毎月の返済額11,000円が負担にならないのなら、30万円借りるのと40万円借りるのでは同じです。

しかし、最終的な利息支払い額は40万円の方が多いのは覚えておきましょう。

毎月の返済額が減るケース②

追加融資で返済額が減るケースの2つ目は「前回の借入残高よりかなり減ってから追加融資を行った」場合です。

例えば、前回の借入残高30万円から返済をし続けてから、追加融資の借入で最終借入残高が10万円になった返済額が次の表になります。

追加融資により返済額が減るケース②
最終借入残高返済額
30万円11,000円
10万円4,000円

追加融資で返済額が増える場合が逆の数字ですが、プロミスでは最終的に借り入れした時が返済額を決める基準になります。

プロミスの毎月の返済額11,000円を返済し続けるはずだったのが、追加融資によって新規に返済額を決めることになり4,000円まで減ることになります。

プロミスの利用限度額以上の追加融資は「増額審査」が必要

プロミスの利用限度額いっぱいまで借入してしまい、契約した利用限度額を超える金額を追加融資したい場合は、限度額増額が必要です。

プロミスの限度額増額には審査を受ける必要があり、審査に通過しなければ増額はできません

増額審査は、プロミスへの新規申込時の審査よりも厳しくて、増額できないケースがよくあります。

一般的には「収入が増えた」「返済実績が十分ある」など条件が揃えば、プロミスの増額審査に通過しやすくなります。

詳しい増額審査については「プロミスの初回限度額はいくらまで借りれる?利用限度額を増額(変更)する方法と解説!!」で詳しく解説しているので、限度額以上の追加融資で悩んでいる人は参考にしてください。

プロミスの追加融資ができないケースと対処法

プロミスの利用限度額の上限に余裕があっても、追加融資が認められないケースがあり、次の

  • 返済が延滞中
  • 短期的な返済の遅れを繰り返した
  • 総量規制に抵触した
  • 収入証明書の提出を拒否した
  • 他社の信用情報にキズが付いた
  • 契約内容変更の申請をしていない

など6つが主な原因です。

それぞれの原因の解説と併せて対処法も紹介します。

返済が延滞中である

プロミスの返済期日から1日でも遅れている状態「延滞中」であれば、追加融資は利用できません。

「1日ぐらい良いじゃん!」と思うかもしれませんが、プロミスとの契約で返済期日を決めているので、契約を守っていないことになります。

返済期日の翌日にはプロミス担当者から携帯電話番号に延滞中の連絡がありますが、追加融資で借り入れて返済に回すことはできません

対処法は、1日でも早く最低返済額を返済して延滞を解消することです。

しかし、延滞解消したその日に追加融資できる可能性は低いです。

プロミスが延滞解消を確認して、融資を再開しても良いと判断してからになるので、追加融資は翌日以降と思ってください。

短期的な返済の遅れを繰り返している

現在はプロミスの返済が遅れていない状態でも、何度も延滞を繰り返していると追加融資の利用が停止される場合があります。

一度の延滞でもプロミスからの信用はかなり低くなり、何度も延滞を繰り返すのは著しく信用が無い状態になります。

いわゆる「社内ブラックリスト」と考えて良いでしょう。

複数回の延滞で追加融資の利用停止した場合は、なかなか利用を復活させるのは困難です。

対処法として、一度借り入れたお金を完済する必要があります。

完済するまで一度も延滞することが無ければ、プロミスに追加融資の利用再開を問い合わせてみましょう。

総量規制に抵触した

他社のカードローンを利用していると総量規制に抵触することが多く、プロミスの追加融資が利用停止となります。

総量規制とは

年収の3分の1を超える貸付が禁止されている法律で、消費者金融や信販会社のキャッシングが対象です。

「プロミスの利用限度額は年収の3分の1は超えていない!」と考えがちですが、総量規制は契約している他社借入残高の合計です。

総量規制対象のキャッシングを複数社契約してしまい、知らず知らずのうちに総量規制に抵触している場合は、プロミスの追加融資ができません。

対処法は、

  • 年収を増やす
  • 他社の利用限度額を減額する
  • 利用していない他社を解約する

の3つです。

年収を増やすのは難しいですし、他社の限度額を減額しても契約数が多いのはおすすめしません。

借入先をまとめてムダに契約している他社を解約するのが、プロミスの追加融資を利用しやすくなります。

収入証明書の提出を拒否した

プロミスを新規契約したときに収入証明書の提出を一度された人は、数年に1回は再提出が求められます。

しかし、その収入証明書の再提出を拒否してしまうと追加融資が利用できない状態になります。

収入証明書の再提出を求められるのは「3年ごと」で、多くのカードローンで収入証明書の有効期限を3年と設定しているからです。

提出拒否をしてしまい利用停止となった場合の対処法は簡単で、即座に収入証明書の提出をしてください。

収入証明書に問題が無ければ、すぐに追加融資が利用できます。

他社の信用情報にキズが付いた

プロミス以外の消費者金融や信販会社など、他社で信用情報にキズを付ければプロミスの追加融資が利用できない可能性があります

プロミスは、信用情報機関に契約者の信用情報の調査を定期的に行い、異動情報が無いのか確認します。

信用情報は、プロミスと同じ信用情報機関に加盟している金融機関のことも分かるので、他社で信用情報のキズがあればプロミスも警戒します。

信用情報のキズには

  • 長期延滞
  • 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)
  • 代位弁済
  • 強制解約

があります。

他社で債務整理を行えばプロミスにも直接影響があるので、信用情報を調査する必要はありません。

しかし、他社のキャッシングで長期延滞があれば信用情報で記録されており、プロミスが調査を行って確認できれば利用停止する可能性があります。

対処法は無く、異動情報は5年間記録されたままなので待つしかありません。

なので、長期延滞することなく利用することを心がけてください。

契約内容変更の申請をしていない

プロミスを新規契約した内容から変更があれば、必ず変更手続きを行う必要があり、面倒で手続きを行わなければ信用が下がり、追加融資ができない場合があります。

よくある変更手続きの内容には

  • 住所や電話番号
  • 勤務先情報(転職、年収など)
  • 家族構成

などがあります。

すべて重要ですが、対処法としては、何かあった時に連絡手段や年収に関わる勤務先を転職したなどは、すぐに届け出するようにしてください。

すぐに届け出をしたとしても、転職によって年収が下がれば総量規制に抵触する可能性があり、追加融資ができなくなるのは仕方ありません。

プロミスの追加融資は簡単!最短即日で借入できるので便利!

プロミスの追加融資は審査不要、すでに契約済みの人が利用できるので、即日借入ができるので非常に便利です。

注意することは、利用限度額に余裕が無ければ利用できません。

まずは、プロミス会員ページで利用限度額と借入残高を確認して、あといくら借り入れできるのか把握しましょう。

プロミスで追加融資すれば毎月の返済額が増えるケースが多いので、返済計画を十分立ててから利用するようにしてください。

≫プロミスの即日融資は何時まで≪