住信SBIネット銀行のカードローンの申し込みや流れ

住信SBIネット銀行のMR.カードローンを一言で言うと、カードレスで低金利。利用も返済も楽々でコンビニATMで返済も利用もできる。SBIグループを利用していれば更にお得です。

どんな銀行?→SBI証券で有名なSBIグループの中核銀行。カードローンでもネットを使いスピーディーな申し込みの流れを導入し利用しやすくしています。他に生保や年金も扱う総合銀行として進化しています。

MR.カードローンの申し込み前に押さえておきたいポイント

SBIグループを利用していれば得、SBIグループのSBI証券も合わせて利用したい。証券投資なんて難しいと思っても実は投資信託が500円から積立できます。さらにはiDeCoという年金を積み立てれば低金利ローンに合わせて、お得な節税もメリットになります。申し込み前にローン口座開設を勧めたい。また住宅ローンやクレジットカードの利用でも金利が下がる。住宅ローンの借り換えはすぐにはできないだろうがもし審査に通れば借り換えも検討したいところだ。

申し込みの流れ

申し込みは口座のありなしに関わらず仮審査の申し込みをし、通過したら本審査。在籍確認はケースバイケースだが一応だが確認が来るものと思って、本審査の日は仕事を調整しよう。

当然の事だが「本人がでる」にこしたことはない。収入証明書も現在の借り入れ状況などを考慮され求められるケースもある。事前に用意しておいたほうが早く手続きが早く進む。

その後に口座開設がまだの人はキャッシュカードが届く。カードレスのローンなのでキャッシュカードが兼ねる形になる。銀行サイトにログインして振り替える形で借りることになるからだ。

申し込み前に読んでおきたいこと

申し込み画面で表示されるPDF書類は字が細かく読みにくいがこれだけは読んで欲しい事は、保証会社はSMBCコンシューマーがメインです。

直前に同じ保証会社で否決されていたら注意が必要です。契約は一年更新。一年ごとに審査があります。信用が悪化していれば追加融資ができなくなるなどのケースもあるようです。

またクレジットカード保有で金利が下がるからと言って同時申し込みも厳禁です。書類に書いてありますが、信用情報機関に登録されるため六ヶ月程度はあけて住宅ローンやクレジットカードを申し込みましょう。 

まとめ

長期的に見てSBIグループでまとめるとお得になります。

年金も純金も積立もできるため若い人からご年配の方まで利用しやすい銀行です。その一部にカードローンの商品があります。ATMの手数料や振り込み手数料も無料になったりポイントが加算されるオプションプランもあるので長期的に且つ総合的に見ていくと他の銀行を使うよりお得に生活していけるでしょう。