アコムのカードローンの申込書に記入する個人情報の使われ方

アコムのカードローンを申込む時は必ず申込書に名前や生年月日、住所、勤務先、運転免許証番号などの個人情報を記入するようになっていますが、その個人情報がどのように使われるのか不安になるものです。ただ、申込書には必ず「個人情報の取り扱いについて」という文章が記載されており、申込者の同意を得るようになっています。

業界全体での返済能力の管理

貸金業法には「返済能力の調査」という条文があり、申込者の返済能力の調査もしないで貸出をすることが禁止されています。ただ、申込者がどこにどれだけの借金があるのかを、貸金業者1社で把握することはできません。業界全体で管理することが必要であり、それを行っているのが指定信用情報機関です。つまり、全貸金業者のカードローンの申込書に記載された個人情報は指定信用情報機関に全て登録されます。そして、貸金業法では貸金業者に対して、指定信用情報機関に登録されている情報を使用するように定めています。

個人情報の提出への同意

消費者金融は個人情報の取得において、申込者に対し以下の同意を得なければなりません。

  • 個人情報を指定信用情報機関に提供する旨の同意
  • 個人情報を指定信用情報機関が他の加入貸金業者に提供する旨の同意
  • 個人情報を他の指定信用情報機関の加入貸金業者に提供する旨の同意

ちなみに、アコムの「個人情報の取り扱いについて」では以下のことの記載があります。

・指定信用情報機関への登録、利用
当社が加盟する指定信用情報機関(個人の支払能力・返済能力に関する情報の収集および加盟会員に対する当該情報の提供を業とするもの)および当該機関と提携する指定信用情報機関に照会し、申込人、契約者とその配偶者の個人情報が登録されている場合には、申込人、契約者の支払能力・返済能力の調査のために、当社がそれを利用します。

個人情報の利用目的

アコムは利用者の個人情報について、次の利用目的の範囲内で適正に利用するとしています。

  • 法令に基づく本人確認および当社の与信判断のため
  • 当社の与信ならびに与信後の権利の保存、管理、変更および権利行使のため
  • お客さまからのお問い合わせへの対応のため
  • 当社の与信業務に係る金融商品およびサービスの販売、勧誘、媒介、取次、代理(以下「販売等」という)、広告および宣伝物の送付、送信(電子メールを含む)等のため全ての貸金業者が同様のことを掲示しています。

まとめ

現在は個人情報保護法の厳しい規制によって、利用者の許可なく個人情報を取得したり、利用したりすることはできません。ただし、消費者金融カードローンを利用する上では、個人情報の提出は不可避です。なお、利用者は個人情報保護法に基づき、消費者金融に対して個人情報の開示や間違った箇所の訂正、削除を求めることができます。