銀行カードローンの金利の低い理由

近年、カードローンの利用者の中で、銀行カードローンの利用者の割合が高くなっています。その大きな理由の一つが貸出金利の低さです。カードローンの利用者の90%以上は借入額が50万円以下の少額になっていますが、その金額帯の貸出金利は消費者金融カードローンの18%に対し、銀行カードローンは14~15%です。

銀行カードローンの貸出金利が低く設定されている理由には、主に以下の3つのことが挙げられます。

貸出原資の調達が容易

銀行カードローンの場合、貸出用の資金の調達が容易であるため、経費が掛かりません。銀行カードローンの貸出資金は日々自動的に集まってくる一般市民からの預金を原資にしています。従って、資金を集めるための営業活動を必要とせず、調達のための人件費や販促費が要りません。

また、近年の預金に対する利子の金利は限りなく0%に近いため、預金の払戻し時における利子の負担が少なくて済み、それだけカードローンの貸出金利を高くする必要がありません。

貸倒れリスクの回避

貸倒れリスクの無いことで、カードローンの利益の減少を考慮しなくて済みます。銀行カードローンは利用者と契約を結ぶ時に、必ず消費者金融やクレジット会社などの貸金業者の保証を受けることを条件にしています。

そして、利用者が貸出金の返済を滞らせた場合は、保証会社である貸金業者から代位弁済を受けています。つまり、利用者に対する貸出ではありながら、実質的には保証会社に貸出をしていることと同様であり、貸出金が必ず回収できるシステムになっています。結果として、貸倒れによる損失を貸出金利に上乗せするという必要が無くなります。

運営コストの減少

銀行カードローンの審査は、実質的には保証会社(貸金業者)がその役割を担っています。銀行は企業への融資が本業であるため、消費者向けのカードローンに対する経験が浅く、審査におけるノウハウが構築されていません。

その点、貸金業者は長年の実績で培った審査システムが備わっており、指定信用情報機関に登録されている個人の信用情報も利用できます。そこで、保証会社に審査を委託することで、銀行は新たな人材の確保や社員教育の手間が省けます。その浮いた経費分をカードローンの貸出金利に反映できます。

まとめ

銀行カードローンは経費の面で、消費者金融カードローンより大幅に有利になっています。それが、貸出金利の低さにつながっています。

一方、消費者金融は貸出に必要な資金を金融機関から借入れなければなりません。当然、借入に掛かる利息分を貸出金利に上乗せすることになります。さらに、貸出金が回収不能になることを念頭に入れなければならず、必然的に消費者金融カードローンは貸出金利が高くなります。