銀行カードローンは自動融資と自動貸越を受けられる

銀行カードローンは金利が安かったり、コンビニATMを無料で使えるものがあったりと、いくつもメリットがあります。ただ一般的に、付帯されているサービス面では、消費者金融のカードローンの方が銀行カードローンより質も量も優れています。ただ中には、銀行カードローンだけが提供するサービスがあり、それが「自動融資」と「自動貸越」です。

自動融資とは

自動融資というのは、預金口座に残高が不足している時に自動的にカードローンから融資が行われるサービスのことです。公共料金やクレジットカード代金などを銀行口座からの引落しにしているケースが少なくありませんが、預金口座に残高が不足していると代金の決済ができなくなります。

そんな時に、不足している金額分をカードローンから貸出してくれるのが自動融資です。仮に、決済ができないと延滞金を取られることになり、また信用情報にも傷が付きます。それを防止できるのが自動融資です。

自動貸越とは

銀行カードローンには自動貸越機能の付帯されたものがあります。いわば、キャッシュカードでカードローンが利用できるということであり、利用限度額の範囲内であれば、預金口座の残高の有無に関わらず、お金を引き出せます。つまり、預金口座が残高不足の場合、キャッシュカードを使って残高不足分をカードローンから借りられます。

自動的に貸出されるため、残高不足によって欲しい物が買えない、利用したいサービスが受けられないということが起きません。また、お金が足りないからといって、わざわざカードローンを利用する必要がありません。

返済は預金口座への入金

返済に関しても、預金口座に入金すればカードローンの返済に回されるため、カードローンの返済分として別途入金する必要がありません。なお、返済金額に関しては、毎月一定の金額を返済する「定額返済」になっているカードローンがあれば、任意の時に任意の金額を返済すればいい「随時返済」になっているものもあります。

ちなみに、自動融資や自動貸越はメガバンクだけではなく、預金口座があれば、地方銀行のカードローンでも対応しているものが少なくありません。

まとめ

自動融資も自動貸越も手続き無しで行われることが最大のメリットです。信用を失ったり、機会を逸したりすることがありません。ただし、契約しているカードローンの返済金額が足りないからといって、返済金額に対して自動融資が行われることはありません。また、自動融資も自動貸越も借金には変わりはないため、きちんと管理する必要があります。