プロミスの即日融資は何時まで可能?

「申込当日にすぐに借りたい」「今日中に即日融資を受けたい」と考えている人におすすめする消費者金融は即日融資に対応しているプロミスです。

プロミスは、大手消費者金融の中で第2位の貸付残高があり利便性も高く、大変人気のあるカードローンで、私も契約しています。

しかし、誰でも申し込めばプロミスの即日融資が受けられるとは限らず、

  • 申込する時間
  • 契約方法
  • 借入する時間

など、即日融資するために注意する点がいくつかあります。

そこで、プロミスから最短で借入するためのポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

プロミス

プロミス
  • 申込完了後から最短1時間融資可能
  • 30日間無利息サービスあり
  • 家族にバレにくい郵送物なしの「Web完結」
実質年率限度額保証人
年4.5%~17.8%1~500万円不要
審査時間即日融資土日の借入
最短30分可能可能
原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミスで即日融資できる時間は21時までに審査結果を受ける

プロミスの審査時間は「9時から21時まで」行われており、21時までに審査結果の連絡があれば即日融資が可能になります。

もし、プロミスへの申し込みが21時以降になってしまった場合は、審査結果は翌日に回されるため、申込当日の借入はできません。

しかし、少しでも借入を急いでおり、翌日でも急な出費に間に合うのであれば、早めにプロミスへの申込を完了させておくことがベストです。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式サイトで申し込む

審査結果は「最短30分」で融資は「最短1時間」かかる

プロミスの申込完了から審査結果の連絡まで「最短30分」の時間がかかるので、審査が終了する21時ギリギリに申し込んでも間に合いません

「20時30分までに申し込めば良いのか!」と考えるのは危険で、プロミスの審査時間が長引くこともあり、今日中の審査回答できない場合があります。

遅くとも20時までにプロミスの申込完了させるのが良く、融資も最短1時間はかかるので、即日融資を受けたい時間から逆算して申し込むようにしましょう。

即日融資できる申込方法の営業時間

プロミスの申込方法は

  • WEB(スマホ・PC)
  • 自動契約機
  • 電話(プロミスコール)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 郵送

5種類あり、郵送だけが即日融資に対応していません

即日融資に対応している申込方法の営業時間は次の通りです。

プロミスの申込方法別の営業時間
申込方法営業時間
WEB(インターネット)24時間
自動契約機9:00~21:00(一部異なる場合あり)
電話(プロミスコール)9:00~21:00
店頭窓口(お客様サービスプラザ)平日10:00~18:00

プロミスの即日融資に間に合う21時まで申込可能なのは「WEB」「自動契約機」「電話」の3つあり、特にスマホやPCのWEB申込は24時間いつでも利用できるのでおすすめです。

あと、店頭窓口は店舗数が少なく、10:00~18:00の平日のみしか営業していないので、即日融資には向いていない申込方法です。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式サイトで申し込む

プロミスは土日祝日でも即日融資が可能

プロミスは土日祝日でも即日融資が可能な理由には

  • 土日祝日でも21時まで審査を行っている
  • 土日祝日に申し込みできる方法がある
  • 土日祝日に借入できる方法がある(後述)

があります。

プロミスは土日祝日に即日融資しやすいですが、1つだけ注意点があります。

プロミス申込者の勤務先が土日祝日に休みの場合、職場に誰もいないと在籍確認の対応ができません

審査の最終段階で必ず行われる在籍確認は原則は電話連絡なので、申込者本人に限らず職場で対応できる人が必要です。

理由があれば電話以外の方法を相談しても良い

「即日融資したいけど土日は職場が休みで誰もいない」など、明確な理由で電話の在籍確認が対応できない場合は、プロミスに相談するのがおすすめです。

電話連絡以外の在籍確認には「書類による在籍確認」があり、勤務先を証明する書類を提出する代替策があります。

しかし、誰でも書類による在籍確認が利用できるわけではないので、プロミスの申込完了後にプロミスコールに連絡して相談してください。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式サイトで申し込む

プロミスで即日融資する契約方法

プロミスの契約方法には、

  • WEB契約
  • 来店契約

の2通りあり、どちらの契約方法でも即日融資が利用できます。

プロミスで即日融資する契約までの手続きの流れを、それぞれ解説します。

WEB契約する流れ

プロミスのWEB契約できる申込方法は、スマホやPCで申し込むインターネット申込だけです。

インターネット申込からWEB契約するまでの流れは、

  1. スマホやPCでプロミス公式サイトから申込開始する
  2. 申込フォームに必要事項を入力
  3. 契約方法は「WEB」を選択
  4. 審査開始
  5. 必要書類の提出(アップロード)
  6. 在籍確認
  7. 審査結果の連絡
  8. 契約完了後、借入可能になる

となっています。

プロミスの契約方法はWEB契約と来店契約の2つがある
契約方法は「WEBでご契約」を選択する

プロミスの契約方法には「WEB」「来店」の2つあり、スマホやPCだけで手続きを完了させるには「WEBでご契約」を必ず選んでください。

WEB契約すれば、後日、自宅にプロミスカードが郵送されてきますが、契約が完了していれば即日融資は受けられる状態なので安心してください。

Web完結でカードレスにすれば郵送物なしになる

プロミスのインターネット申込には「Web完結」というカード発行しないカードレス契約も可能で、もちろん即日融資ができます。

自宅にいる家族にバレたくないけど即日融資を受けたい人は、Web完結を利用するのがおすすめです。

Web完結の流れはWEB契約と基本的に同じですが、契約手続きの時に

  • 口座振替のための銀行口座の登録
  • カード不要を選択

の2つをすることが重要です。

プロミスカードが無くても、振込キャッシングや特定のATMで借入は可能です。詳しくは後述の「即日借入の方法」で紹介しています。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式サイトで申し込む

自動契約機の来店契約する流れ

プロミスの自動契約機で来店契約できるのは、郵送を除くすべての申込方法で、WEB申込以外は来店契約しかできません。

自動契約機で申込から契約するまでの流れは、

  1. 必要書類を持参して自動契約機に来店する
  2. 契約機の画面操作で必要事項を入力
  3. 審査開始
  4. 必要書類を備え付けのスキャナーで読み取る
  5. 在籍確認
  6. 審査結果の連絡
  7. 契約書に署名後、スキャンして契約完了
  8. プロミスカードが発行される

となっています。

プロミスの自動契約機は申込から契約までその場で完了できるので良いですが、「契約機に先客がいる」「審査結果を小一時間待つ」など、時間に余裕が無ければ利用できないデメリットがあります。

プロミスカード即日発行するなら「WEB申込+来店契約」がおすすめ

プロミスで即日融資するための契約で、

  • 時間に余裕がない
  • 自宅にカードが郵送されるのは困る
  • だけどプロミスカードはすぐに欲しい

のすべての希望が叶う方法が、プロミスをWEB申込してから来店契約するのがおすすめです。

WEB申込と来店契約を合わせた即日融資の流れは、

  1. スマホやPCでプロミス公式サイトから申込開始する
  2. 申込フォームに必要事項を入力
  3. 契約方法は「来店」を選択
  4. 審査開始
  5. 在籍確認
  6. 審査結果の連絡
  7. 自動契約機に来店する
  8. 必要書類をスキャナーで読み取る
  9. 契約書の署名後、契約完了
  10. プロミスカードが発行される

となっています。

プロミスの来店契約を選択する画面

プロミスのWEB申込で契約方法を「来店でご契約」を選択すると、審査を通過すれば自動契約機に来店して契約手続きをします。

あらかじめWEB申込をすれば審査が始まるので、自動契約機で審査を待つ必要も無く時間に余裕がない人でも利用しやすい契約方法です。

プロミスカードを即日発行しやすくて十数分で契約手続きは終わり、自宅へカードが郵送される心配もありません。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式サイトで申し込む

三井住友銀行ローン契約機でカード受取可能

プロミスの自動契約機がどうしても近くに無い場合は、三井住友銀行ローン契約機でプロミスカードを受け取ることができます。

自動契約機とローン契約機の営業時間
営業時間
自動契約機9時~21時(店舗によって時間が異なる)
ローン契約機9時~21時(場所によって時間や休日が異なる)

自動契約機とローン契約機の営業時間は同じ「9:00~21:00」なので、利便性が悪くはありません。

注意点として、三井住友銀行ローン契約機でプロミスのカードローンは申込できません

ですので、WEB申込をしてからローン契約機に来店するようにしてください。

プロミスの即日借入する方法

プロミスは原則24時間借り入れできる方法に、

  • 瞬フリ(振込キャッシング)
  • ATM

があります。

ここまで解説した契約手続きを完了させていれば即日借入しやすいですが、振込キャッシングとATMの借入でも24時間利用できない時間帯や注意点があるので紹介します。

瞬フリで即日振込する

プロミスの瞬フリは、原則24時間最短10秒で登録した金融機関口座に振り込みされるので、即日振込しやすい借入方法です。

すべての金融機関口座が瞬フリに対応しているわけではなく、

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行

や地方銀行や信用金庫など約200の金融機関口座で瞬フリの借り入れできます。

瞬フリを利用するには、PCの「プロミス会員ページ」かスマホのプロミス公式アプリ「アプリローン」にログインして、振込予約をするだけです。

金融機関口座に残高が足りない時に瞬フリは大変便利で、今日中に振り込まれるのでおすすめです。

時間によって今日中に振込できない口座があるので注意

21時ギリギリに審査結果を受け取り契約手続きすると、振込キャッシングで即日借入できるのは瞬フリだけで、瞬フリに対応していない金融機関口座は翌営業日以降の振込になります

例えば、全国信用協同組合連合会と播州信用金庫の振込キャッシングできる時間帯は次の表にまとめています。

播州信用金庫の振込実施時間(2020年10月時点)
曜日受付時間振込時間
月~金0:00~8:00当日8:45~9:30頃
8:00~21:00約10秒後
21:00~24:00翌営業日8:45~9:30頃
土・日・祝0:00~8:00当日8:45~9:30頃
8:00~21:00約10秒後
21:00~24:00翌日8:45~9:30頃
全国信用金庫連合会の振込実施時間(2020年10月時点)
曜日受付時間振込時間
月~金0:00~8:45当日8:45~9:30頃
8:45~14:50約10秒後
14:50~24:00翌営業日8:45~9:30頃
土・日・祝0:00~24:00翌営業日8:45~9:30頃

播州信用金庫は平日21時まで、全国信用金庫連合会は平日14時50分までに振込予約をしなければ即日振込はできず、土日祝日は確実に振込すらできません。

あと、メンテナンスの時間帯は振込融資ができないので注意してください。

システムメンテナンスの時間
曜日受付時間振込実施時間
毎週土曜23:30~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週日曜0:00~4:00当日8:45~9:30頃
18:50~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週月曜7:00~8:00当日8:45~9:30頃

※金融機関の営業日によって、翌営業日の振込になる場合あり。

週末の遅い時間や週初めの早朝の時間はメンテナンスになるので、振込は事前に行うようにした方が良いです。

ATMで借りる

即日借入で手元にお金が必要な時に便利なのが、ATMで現金を引き出して借入する方法です。

プロミスのカードローンが利用できるATMは、

  • プロミスATM
  • 提携ATM(コンビニ、金融機関)

の2通りあります。

プロミスの自動契約機で21時までにカード発行すれば、すぐにATMを利用できて即日融資が可能です。

プロミスATMは、自動契約機に併設されており利用手数料は無料なので、カードを受け取った後の利便性は最も高いです。

提携ATMも即日借入できますが、利用手数料は有料になるので注意してください。

あと、プロミスATMと提携ATMの営業時間が異なり、プロミスATMの営業時間は「7:00~24:00」なのでカード発行後すぐに利用すれば問題ありません。

しかし、24時を過ぎてからATMで借入するなら、原則24時間営業している提携ATMで即日借入するようにしましょう。
(※提携ATMによって営業時間が異なります。)

セブン銀行ATMとローソン銀行ATMならカードなしで即日借入できる

プロミスの提携ATMの中に、

  • セブン銀行
  • ローソン銀行

の2つのATMがあり、どちらもプロミスカードなしでも借り入れが可能です。

なので、わざわざ自動契約機で来店契約してカード発行しなくても、後日にカードが郵送される「WEB契約」やカードレスになる「Web完結」でもATMで即日借入できます。

カードなしでセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで借りるには、プロミス公式アプリの「アプリローン」の中にある「スマホATM取引」を利用します。

「自動契約機に来店するのは抵抗がある!」という人におすすめの借入方法です。

ですが、提携ATMなので利用手数料はカードありと同様に有料になる点は注意してください。

プロミスで確実に即日融資するための豆知識

プロミスのカードローンで即日融資する場合、審査結果の回答がある21時までに間に合えば良いですが、より確実に即日融資できる可能性を高くするなら、

  • 午前中に申し込みを完了させる
  • 希望限度額を少なく抑えて申し込む
  • いつでも電話連絡に対応できるようにする
  • 提出書類を事前に用意する

に注意すれば良いです。

では、上記の理由が「どうして即日融資しやすくなるのか」を解説します。

午前中に申し込みを完了させる

初めにも書きましたが、プロミスが審査結果の連絡をする時間は「最短30分」で21時まで審査を行っているので、遅くとも20時までに申込完了すると即日融資できます。

しかし、プロミスのカードローンは人気で、

  • 平日の夕方や週末
  • 繁忙期

などで審査が混雑するケースが多くなり、審査が長引きやすくなります。

通常時であれば1時間~2時間余裕を持ってプロミスを申し込めば即日融資に間に合いますが、審査が2時間以上かかる場合もあります

ですので、確実に即日融資に間に合わせるには午前中に申し込みを完了させた方が良いです。

希望限度額を少なく抑えて申し込む

プロミスへ希望する限度額を高くする気持ちを抑えて、なるべく必要最低限の少ない希望限度額で申込するのが即日融資のポイントになります。

プロミスの審査は、限度額に応じた返済能力を調査するので、高い限度額を希望すると高い返済能力が求められます。

高い返済能力の調査には、プロミス申込者の申込情報や信用情報を隅々まで慎重に審査するので時間が長くなります

低い限度額でも十分に審査を行いますが、貸し倒れリスクが低く返済能力も最低限あれば良いので、比較的審査が早く進みます。

最低限必要な限度額が高いのであれば仕方ありませんが、毎月の返済額を考えて余裕を持って返済できる限度額に抑えるように申し込みましょう。

いつでも電話連絡に対応できるようにする

プロミスから電話連絡があるタイミングは

  • 本人確認
  • 在籍確認

の2回あり、どちらもすぐに対応できるようにすると審査がスムーズに進み、即日融資が受けやすくなります。

プロミスからの本人確認の電話は必要に応じて登録した携帯電話番号にかかってきますが、在籍確認は必ず勤務先の電話番号にかかってきます。

本人確認の電話対応が正確に返答できない場合や、在籍確認の電話がなかなかつながらない場合は、審査が進まないので時間が長くなります。

プロミスを申し込んだら、スマホや携帯電話を常に持ち歩き、勤務先で対応できるように心がけておきましょう。

提出書類を事前に用意する

プロミスを申し込めば、決められた書類を提出する必要があるので、事前に用意できる書類を確認して準備すると即日融資を受けやすくなります。

プロミスで必要になる書類は「本人確認書類」「収入証明書」の2つです。

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード、通知カードは不可)
  • 健康保険証+1点(住民票など)

などあり、契約方法によって1点もしくは2点の書類を提出することになります。

プロミスは運転免許証を提出するのが基本で、免許証が無い場合に限り他の本人確認書類で代用できるようになってます。

収入証明書は、

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月)+賞与明細書(直近1年分)※
    ※賞与支給のある方

があり、用意しやすい書類1点を準備しましょう。

しかし、収入証明書を提出する条件は、

  • 希望限度額が50万円を超える場合
  • 希望限度額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合

なので、他社借入がなく希望限度額が少なければ提出不要です。

「希望限度額を抑える」項目の解説と合わせると、プロミス審査担当者が収入証明書を確認する作業が減るので、審査は早く終わる可能性が高くなります。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式サイトで申し込む

プロミスの即日融資ができない原因

プロミスで即日融資できない原因には、

  • 在籍確認に対応できなかった
  • 信用情報に問題がある
  • 他社の借入件数や借入残高が多い
  • 収入や年齢が申込条件を満たしていない

などあり、対策すれば即日融資できた原因もあれば、対策そのものができない原因もあります。

1つでも即日融資できない原因に当てはまる人は、プロミスで即日融資を諦めた方が良いですが、どれにも当てはまらない人は即日融資の可能性が高いので、解説をご覧ください。

在籍確認に対応できなかった

プロミスの在籍確認は審査の最終段階で行われますが、電話対応のタイミングが合わず在籍確認が取れないと即日融資はできません。

在籍確認は、登録した勤務先電話番号に何度か連絡しますが、その間は審査が止まってるので、申込当日中に審査結果が間に合わない可能性があります。

最悪は在籍確認が取れないだけで審査落ちするケースもあります。

あと、プロミスからの在籍確認に対応できなかった以外にも、

  • そんな名前の人はいない
  • 個人情報に厳しい会社

など、第三者が電話対応できた場合でも在籍確認が取れない場合があります。

プロミスからの在籍確認が取れるように、勤務先やプロミス担当者にあらかじめ相談すると良いでしょう。

信用情報に問題がある

プロミスの審査で、申込者の過去の信用情報を調査したときに、信用情報の問題が確認できると即日融資どころか審査は通過できません

信用情報の問題とは

異動情報(金融事故)と言われることで、長期延滞・債務整理・強制解約などがあり、信用情報機関に記録されます。

信用情報に記録されやすい異動情報は「長期延滞」があり、クレジットカードの支払いやスマホ本体代の分割払いなどを「61日以上もしくは3ヶ月以上遅れる」と記録されます。

知らない間に長期延滞になる可能性が低く、返済を催促する電話や督促状が必ず届いているはずなので、プロミスを申し込む前に一度確認してください。

他社の借入件数や借入残高が多い

他社の借入件数や借入残高が多いと高い返済能力が求められるので、プロミスの審査時間が長くなり即日融資に間に合わない可能性があります。

プロミス以外の借入件数が多いと審査で「多重債務者」と判断されやすく、貸し倒れリスクの高い債務者への融資は慎重になります。

特に、プロミスを申し込む前から3件以上の借入先があると、審査に通過するのは難しいでしょう。

次に、借入残高がすでに多いと「総量規制」に抵触する可能性が高く、プロミスで契約できる利用限度額の枠に余裕が無い可能性があります。

総量規制とは

年収の3分の1を超える貸付を禁止する法律。消費者金融や信販会社のキャッシングが対象です。

プロミスへの申し込みが総量規制に抵触していない場合でも、年収3分の1ギリギリの融資は審査が慎重になるので時間がかかります。

他社の借入はプロミスの審査に直接影響するので、件数と残高ともに減らしてから申し込むようにしましょう。

収入や年齢が申込条件を満たしていない

プロミスの申込条件は

  • 満20歳~69歳の年齢制限
  • 安定した収入がある

の2つあり、申込条件を満たしていない人は申込できないので即日融資は受けられません。

年齢制限は明確な数字で表されているので分かりやすいですが、安定した収入は分かりづらいです。

一般的には、他社への返済額が無い若しくは少ない人で、年収が高いほど返済能力があると審査で判断されます。

自由に使えるお金が多いほどプロミスの返済に回せるお金が多くなるので、審査はスムーズに進みやすく即日融資を受けやすいです。

プロミスは時間を守れば即日融資しやすい消費者金融である

プロミスは私も利用者の1人ですが、利便性が非常に高くて、借入や返済で不便に感じたことがありません。

そんなプロミスで即日融資を受けるためには、次の条件さえ守れば即日で借り入れできる可能性が高くなります。

  • 遅くても20時までに申込を完了させる
  • 午前中など早い時間帯に申し込めば、今日中に借り入れできる可能性が高い
  • 必要な書類は事前に用意する
  • 他社借入が少なく信用情報がキレイ

申込に難しい条件は無いので、早くプロミスを申し込めば即日融資しやすくなるので、お金が必要と分かっていれば、返済計画を立ててすぐに申し込んでみましょう。

プロミス

プロミス
  • 申込完了後から最短1時間融資可能
  • 30日間無利息サービスあり
  • 家族にバレにくい郵送物なしの「Web完結」
実質年率限度額保証人
年4.5%~17.8%1~500万円不要
審査時間即日融資土日の借入
最短30分可能可能
原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /